« 旅人 | トップページ | へなちょこ写真アップ »

2014年7月22日 (火)

素人的感想および開き直り

忘れないうちに川崎戦の感想をば。

「おもしろいサッカー」=「がんばっていることが分かりやすいサッカー」という私にとって、土曜日の試合は、まずまず楽しめるものでした。ただやはり悲しかったです。ひとりが良いプレーをしても、それが繋がらない。どれがレギュラーな事態で、どれがイレギュラーな事態なのか、選手が分かっていない。だからチームとして体を張ることができない。

それでも、悲しいうちは、まだ応援を続けることができます。

佐賀陸に行ったとき、試合が終わってまず思ったことは、「つまんない」でした。あんなにも無感情だったことは初めてです。もしかして、自分はエスパルスに飽きちゃったのかな、と思った程です。鳥栖から福岡に向かう車中、「あのシルバーコレクターで、肝心な時にコロッと負けて、弱きを助け強きを挫くエスパルスはどこへ行っちゃったの??これじゃ、ただの弱いチームじゃないかぁあぁああああ!!!わたしのかわいいエスパルスを返せぇぇぇぇぇぇえええええ!!!!」という私のいつ終わるとも知れぬクダマキ(注・しらふ)に巻き込まれた方々、この場をお借りしてお詫び申し上げます。中断期間にW杯を見たこと、そして御殿場キャンプを見に行ったことは、気持ちをリセットするための良いきっかけになりました。

話を川崎戦に戻します。

前半は頭からみんなよく動けていました。元紀、タク、六平くんがうまく連携して、相手の中盤を潰していました。特にケンゴさんにはほとんど仕事をさせていなかったと思います。奪ってからの攻撃も早かったです。トシ&豊のコンビネーションも合っていました。少し気になったのは、河井くんがほぼほぼサイドにいたことと、ノヴァコさんの動きが少ないこと(それでも天皇杯よりマシでしたが・・・)でしょうか。河井くんに関しては、前半はそれが攻守にわたってプラスに働いていたので、修正も必要なかったように思います。ただノヴァコさんは、守備を免除されている分、もう少ししっかりキープしてくれないと厳しいです。よくオフサイドポジションにいることも気になります。このことが、元紀にとってかなり負担になっているのではないでしょうか。

後半は、足が止まって、相手の良いようにパスを回され、どうにもなりませんでした。決定的だったのが2失点目。あれだけパスを回されて、時間をかけられての失点。こちらの人数も足りていたはず・・・。「たられば」ですが、前半のまだスタミナがあるうちだったら、失点せずに済んだかもしれません。村田くんを投入しても、タクがいないので、効果的なパスも出ず。最後の方のノヴァさん→元紀→トシのシュートは良かったですし、六平くんや豊の体を張った守備、ザワさんのセーブなど、単発の良いプレーはありました。ただ、それが得点につながるようなシーンは、少なかったです。

スタミナが無い、という事実は、この先の厳しさを物語ります。とはいえ、わたしにできることといったら、応援することとスタグルを食べることくらいなので、あまり先のことは考えず、どんなときも試合前はのんきに楽しく期待してスタジアムに向かうことにします。

Kawasakisen_6
というわけで、川崎戦のスタグルは、ニューヨークベンダーズさんの「ビーフオーバーライス」!個人的にはチキンよりビーフ派。ヨーグルトソースがチキンより絡みやすい気がしました。

万博では何を食べようかな。

おやすみなさい☆

|

« 旅人 | トップページ | へなちょこ写真アップ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/56859287

この記事へのトラックバック一覧です: 素人的感想および開き直り:

« 旅人 | トップページ | へなちょこ写真アップ »