« U- | トップページ | 機種変更したい »

2013年7月22日 (月)

つれづれなるままに今の心境

柏戦のことやら東アジアカップやら書こうと思っていたら、なんかいろいろ吹き飛ばすニュースが出てきましたね・・・(´・ω・`) まだ公式に出ていないので、ガセネタという可能性もありますが、ひとまず今の心境を。

2010年の終わりから、ずっとこんなことが続いていて、移籍に関しては、もうどんなことが起こっても驚かない・不思議じゃない、という思いです。ただただ悲しいだけです。

お金が無いことは分かっていますし、なによりもクラブが存続することが最優先、だと思っています。だから高額の選手を雇い続けることが難しい、ということも、もちろん承知しています。外国籍選手は必ずいつか出て行くのだから、お金が取れるときに売る、というのも、経営としては正しいのでしょう。また、清水側が慰留したとしても、違約金さえ払えば、あとは選手の気持ち次第であり、フロントにはどうすることもできません。なんだかもう、いろいろ仕方ない、とあきらめの心境です。

お金が無ければ、戦う土俵にすら上がることができない、という事実は、すでに受け入れています。ただ、今のエスパルスには夢が無いように思うのです。

優勝だけが、サポーターのよろこびじゃないですよね。例えば、自分たちの応援するクラブで育った選手が、海外で活躍する、そしていつか帰りたいと言ってくれる。例えば、日本代表に選手が選ばれて活躍する。例えば、応援している選手がずっと清水に居てくれる・・・。「勝つ」以外にも、さまざまな夢があるはずなのです。でも、今は何もない。(・・・・何もない、は言い過ぎか。人それぞれですからね。)

「痛みを伴う改革を!」とは小泉元首相のことばですが、本当に痛いです。今、痛いのは、まだいい、我慢できる。ただ、いつまで我慢すれば良いのか、先が見えないことがつらいです。多くのサポーターにとって、エスパルスを応援する、ということは、主にエスパルスの「選手」を応援することなのです。経営陣を応援することではない。フロントを応援するのは、あくまでも選手たちを応援する場を失わないため。いつまでサポーターが耐えられるでしょうか。どれくらいの数のサポーターが耐えられるでしょうか。動員の伸び悩みも、仕方ありません。

とはいえ、2012年は黒字化に成功しました。ゴトビ監督になってから、どんどんレンタルにも出すようになりました。レンタル先で伸びた選手の復帰にも成功しています。松本での犬飼くんの活躍にわくわくしています。ベンチにいる間に、石毛くんはずいぶん成長していました。

今は、夢の小さな小さな卵を育てている、と信じています。
がんばれ。わたしもがんばる。

Taidan
さて、本日『エスパルスニュース』が届きました!とりあえず、これ↑読んで、和もう!!

|

« U- | トップページ | 機種変更したい »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/52560674

この記事へのトラックバック一覧です: つれづれなるままに今の心境:

« U- | トップページ | 機種変更したい »