« 五輪の位置づけ | トップページ | 履歴書 »

2012年6月24日 (日)

熱湯風呂

Dscf1204_2

さぁ、今年もドM力が試される季節がやってまいりましたね!

「どんと来い、このやろう!!受けてたつぜ!こちとら何年もドSパルスの応援してきてるんでぃ!!!」というあなた、また次、一緒にがんばりましょう。サポーターが先に折れるわけにはいきません。

「いやもう勘弁・・・」という方、またいつかスタジアムに帰ってきてくださいね。エスパルスには、あなたの力が必要です。

*************

さて、冒頭から気張ってみましたけれど、やはり苦しいですね。昨日はタカが入ったおかげで、少しは良くなったような印象ですが・・・。

やっていることは、調子の良かったころと変わっていません。ただ、勝っていたころはチャンスで決めていて、今は決まっていないだけ。なぜ決まらないかといえば、全体的にゴールを奪う意識が薄いから。ゴール前に飛び込んでくる人数がいつも少なくて、その一人さえ潰して跳ね返せば、セカンドを拾われたところで打ってこない。のんびりパスを回している間に、相手は体制を整えることができますよね。「ゴールを奪うため」に相手を崩すのであって、そのためにパスやドリブルをするはず。今は、崩すことが目的になって、本来の「点を取る」ということが忘れられてしまっている印象です。中盤の選手が、もっと相手にとって怖いプレーをしないと、FWだってフリーになることができません。さらに今はセカンドさえ、なかなか拾うことができず、カウンターにビクビク。ますます出足が鈍くなり、距離が広がり、パスもミスが出て、遠いのでフォローもできず・・・。あの状況で、DFの選手たちに1点を守りきれ、というのは酷ではないでしょうか。ひとりひとりが頑張っていることは分かりますが、チームとしてちぐはぐでした。

今までと同じ攻撃がはまった時の動きを見ると、決して体が疲れている、などではないでしょう。今までと同じやり方を捨てる必要などありません。が、新しいこともやっていかなければなりません。どうやって点を取るのか、その中で自分の役割は何か、しっかり考えて、共通の意識を持って、そして試合に臨む・・・・・。時間がかかるかもしれませんね。それでもやらなくてはなりません。

**************

話題変わりまして、昨日の応援についての感想。

ゴールコール、多すぎです。

あれは、選手に「やれ」と言っているだけ。全然、一緒に戦っている感じがしませんでした。

せっかく清水の応援は、他のサポーターさんたちからも楽しいと言ってもらっているのに、あれじゃ、全然楽しくない。そりゃ、サポーターが苦しいのは分かります。わたしだって、苦しい。でも、選手だって苦しんでいるのです。見れば分かるじゃないですか。調子の良かったころは、試合中、あんなに話していた選手たちが、今はあまり話さない。こういうときだからこそ、話し合った方がいいよ、とは思うけれど、それくらいチームの雰囲気が重いのでしょう。それなのに、より一層気が重くなるような応援をしてどうするのでしょう。受験生に「合格、合格しろよ、ぜってー合格しろよ」ってずっと言っているみたいで気分が悪いです。

こういうときだからこそ、「選手を楽しませるような応援をしよう!」って、わたしたちサポーターが奮起しなくちゃ!

Dscf1215

ハチくん、怪我が治って、よかったー!
やっとユニにサインを貰いに行けます。

白崎くんのプレー、おもしろかったですし、ゲンキも吹っ切れたのかキリキリ動いていましたし、ハチくんも復帰ですし、エダも岩下ももう少しみたいですし、楽しみです。

最後に。
瀬沼くん、ようこそエスパルスへ!

おやすみなさい☆

|

« 五輪の位置づけ | トップページ | 履歴書 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/45840863

この記事へのトラックバック一覧です: 熱湯風呂:

« 五輪の位置づけ | トップページ | 履歴書 »