« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月30日 (土)

履歴書

今、履歴書を書くなら、「趣味・特技 ふて寝」、「血液型 ドM」と記入するであろうモカです、こんばんは。

今年の埼玉は、やさしくにゃい・・・(´Д⊂グスン

最後の15分くらいしか見ることができませんでしたが、シュート数が多くなったことは良かったですね。エダが絡んでの攻撃も、形になっていました。途中でボールを取られてグズグズにならずに、攻撃をやりきりたい。でもって、決めきりたい。変わるしかないっす!続けるしかないっす!

好きになっちゃったもんは、しょーがないっす!!
明日という日は、明るい日と書くっす!!!

では、趣味のふて寝をします。
おやすみなさい☆

現地のみなさま、お疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月24日 (日)

熱湯風呂

Dscf1204_2

さぁ、今年もドM力が試される季節がやってまいりましたね!

「どんと来い、このやろう!!受けてたつぜ!こちとら何年もドSパルスの応援してきてるんでぃ!!!」というあなた、また次、一緒にがんばりましょう。サポーターが先に折れるわけにはいきません。

「いやもう勘弁・・・」という方、またいつかスタジアムに帰ってきてくださいね。エスパルスには、あなたの力が必要です。

*************

さて、冒頭から気張ってみましたけれど、やはり苦しいですね。昨日はタカが入ったおかげで、少しは良くなったような印象ですが・・・。

やっていることは、調子の良かったころと変わっていません。ただ、勝っていたころはチャンスで決めていて、今は決まっていないだけ。なぜ決まらないかといえば、全体的にゴールを奪う意識が薄いから。ゴール前に飛び込んでくる人数がいつも少なくて、その一人さえ潰して跳ね返せば、セカンドを拾われたところで打ってこない。のんびりパスを回している間に、相手は体制を整えることができますよね。「ゴールを奪うため」に相手を崩すのであって、そのためにパスやドリブルをするはず。今は、崩すことが目的になって、本来の「点を取る」ということが忘れられてしまっている印象です。中盤の選手が、もっと相手にとって怖いプレーをしないと、FWだってフリーになることができません。さらに今はセカンドさえ、なかなか拾うことができず、カウンターにビクビク。ますます出足が鈍くなり、距離が広がり、パスもミスが出て、遠いのでフォローもできず・・・。あの状況で、DFの選手たちに1点を守りきれ、というのは酷ではないでしょうか。ひとりひとりが頑張っていることは分かりますが、チームとしてちぐはぐでした。

今までと同じ攻撃がはまった時の動きを見ると、決して体が疲れている、などではないでしょう。今までと同じやり方を捨てる必要などありません。が、新しいこともやっていかなければなりません。どうやって点を取るのか、その中で自分の役割は何か、しっかり考えて、共通の意識を持って、そして試合に臨む・・・・・。時間がかかるかもしれませんね。それでもやらなくてはなりません。

**************

話題変わりまして、昨日の応援についての感想。

ゴールコール、多すぎです。

あれは、選手に「やれ」と言っているだけ。全然、一緒に戦っている感じがしませんでした。

せっかく清水の応援は、他のサポーターさんたちからも楽しいと言ってもらっているのに、あれじゃ、全然楽しくない。そりゃ、サポーターが苦しいのは分かります。わたしだって、苦しい。でも、選手だって苦しんでいるのです。見れば分かるじゃないですか。調子の良かったころは、試合中、あんなに話していた選手たちが、今はあまり話さない。こういうときだからこそ、話し合った方がいいよ、とは思うけれど、それくらいチームの雰囲気が重いのでしょう。それなのに、より一層気が重くなるような応援をしてどうするのでしょう。受験生に「合格、合格しろよ、ぜってー合格しろよ」ってずっと言っているみたいで気分が悪いです。

こういうときだからこそ、「選手を楽しませるような応援をしよう!」って、わたしたちサポーターが奮起しなくちゃ!

Dscf1215

ハチくん、怪我が治って、よかったー!
やっとユニにサインを貰いに行けます。

白崎くんのプレー、おもしろかったですし、ゲンキも吹っ切れたのかキリキリ動いていましたし、ハチくんも復帰ですし、エダも岩下ももう少しみたいですし、楽しみです。

最後に。
瀬沼くん、ようこそエスパルスへ!

おやすみなさい☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月15日 (金)

五輪の位置づけ

オリンピック予備登録メンバーが発表されましたね。

今まで、関塚さんが召集してきたメンバーで、OAも林くんを除いては、特に驚きはなかったです。マヤヤの怪我はどうなんだ、とか、山田くんがいないのはやはり寂しいなぁ(はやく治りますように・・・)、とか、米本くんが間に合うと良いな、とか、ギュンギュン良かったとか、もういろいろ思うのですが、とにかくうちから選ばれた、林くん、よっしー、たいちゃん、3人ともオリンピック代表にふさわしい選手だと胸を張って言えます!最終18人に選ばれるかは分かりませんが、ひとまず、おめでとう!!!特に、たいちゃんは、ずっと外れていての復帰ですから、エスパルスでの活躍が認められての選出ですよね。より一層うれしいです。

そして、ゲンキ・トシは、落選ですか・・・。「もしかしたら」と最後まで希望を捨てないでいたのですが・・・。悔しいし、悲しいです。ふたりがオリンピックに対して、どんな気持ちでいたのか、わたしたちは知っていますから。

ふたりがこのことを、どう捉えるのか、わかりませんけれども、案外さばさばしているのか、それともやっぱり落ち込んでしまうのか。いずれにせよ、彼らが少しでも早く次の目標へ照準を定められるよう、応援していきたいです。

もう、狙うはA代表ですからね。ベストイレブンに入るんじゃない?ってワクワクしたり、得点王争いをしたり・・・、そういうレベルには、ゲンキもトシも、まだなっていません。でも少なくとも、五輪代表には、多くの人が「なんでゲンキやトシを入れないんだ?」と言ってくれています。今度はA代表で、そうなってほしい。ほんとーーーに!期待しています!!

ところで、五輪て、日本サッカー協会にとって、どういう位置づけなのでしょうか。

前監督のソリさんのコメントでは、

 クラブチームの監督もやったし、五輪代表の監督もやったけど、同じ「監督」でも仕事は全然違った。クラブは「このメンバーで1年間やる」というチームだけど、代表は「メンバーはいつでも替えられる」というチームだから。

 代表監督が選手を選ぶ時は非常に気を遣う。1回選んだだけで選手がすごく自信を付けて伸びることもあれば、天狗になってまったく伸びなくなってしまうこともある。特に私は若手の代表チームを任されていたので、呼ぶタイミングを常に考えていた。

 選ぶ基準も「自分が好きな選手」ではダメ。将来的に日本のサッカーを具現化できる選手を見極め、フル代表の監督(当時はオシムさん)の要望も聞きながら判断していた。そうやって選んだ北京五輪の代表から南アW杯の代表に選ばれたのは本田、岡崎、長友、内田、森本の5人だった。

 五輪は極論すれば「いい勉強になりました」でも許される。でもその枠はわずか18人。これは本当に大変で、岡崎はいろんなポジションができたお陰でギリギリ選ばれた選手だった。また本田に関しては、実は「伸びしろはないかも」と思っていた。きっとあの強い性格であそこまで成長したのでは。

ということなのですよね。

ソリさんは、最終的には「良い勉強になった」で良いと、つまり結果重視ではなく、将来の日本代表を背負う選手たちに経験を積ませる場である、とハッキリおっしゃっています。そのための選手選考であったと。

もし同じ考え方で今回も選考しているならば、OAの徳永くんや林くんは、「代表まであと一歩、もっとがんばって将来の日本を背負ってくれ」、と言われた、とも考えられるかなー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月14日 (木)

北海道はでっかいどう2日目(前編)

Dscf1134

厚別でいただいた、マッチデープログラム。
厚別はスタジアムグルメが充実していると聞いていたのですが、現地では全く見当たらず・・・。首を傾げていたのですが(まだ食べるつもりだったのか?)、今、マッチデーを見て納得。アウェイエリアにあるはずの「厚別食堂」が臨時休業・・・Σ( ̄ロ ̄lll) 食べてきて良かったよ・・・。ナビスコは油断なりませぬなぁ。

さて、ぐでんぐでんに酔っ払った結果、どうなったかというと・・・。

目が覚めると、そこは二日酔いでしたshock

それでもなんとかお風呂に入り、朝食はもちろん抜き。根性で(といっても予定時間を大幅に過ぎて)ホテルを出発!ふらふらしつつ、札幌駅へ。

Dscf0717 スーパーカムイで、いざ、旭川へ!

続きを読む "北海道はでっかいどう2日目(前編)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

北海道はでっかいどう1

3連戦で2勝1分けは、良い結果ではないですかねー。これが最終予選だ・・・・、というか、これがアジアだ、って感じです(笑)毎回、こんなことやっていると、だんだんサポーターも慣れちゃいます。とにかく、アレックが怪我無く帰ってくることに、ひと安心。

代表は、まぁ、終わったので、ひとまず置いて。

新潟はヤンツーさんなんですねぇ、オレンジ、違和感ありまくりですねぇ・・・・・・・・・・、なんて話をしなくちゃならないのですが、その前に、北海道旅行記を書かせてくださいませませ。なに、ただの日記ですから、ええ。

*************

1339139672017

諸事情(主に金銭的理由)により、今回はANAさんにお世話になりました。ANAさんは、無駄の無いサービス、といった印象。飛行機が大の苦手なわたしとしては、JALさまのようにベテランさんがあれこれ話しかけてくれた方が安心します。決してJALさまは飴を2つもくれたのに、ANAは何もくれなかったとか、そういう理由じゃないですよ!

Dsc_0399

千歳空港から、快速エアポートで札幌駅へ。
着いて早々、ラーメンです。札幌駅ビル(?)のラーメン共和国・大心へ。ここに決めた理由は、ハーフサイズがあったことと、人が並んでいたこと。うーん、でもお味はあまり好みじゃなかったかなぁ。たぶん、きちんとしたお店に行けば、もっと美味しいのでしょう。お手軽に観光気分を味わうには、良いと思います。

Dscf0630

ホテルにチェックインして、急いで待ち合わせ場所の時計台へ!
意外と大きいじゃないか・・・・・・( ̄○ ̄;)!

わたしの通っていた小学校は、100周年を迎えるほどのボロい学校だったのですが、なんだかその校舎に似ている・・・。郷愁漂う感じがたまりません。

Dscf0631

中に入ると、さまざまな資料があり、興味深かったです。特に、この「☆に関する説明」は、なるほどー!って思いました。サッポロビールもこのマーク。この星を見て、当時の方々に思いを馳せて・・・・・、きゅーっとしますね。他にも、世界の鐘の音を聞くことができるコーナーがあり、全部聞いちゃいました~。待たせていた方々、申し訳ない・・・・・(^-^;

Dscf0634

と、とりあえず・・・、待たせていた方々は、塗りつぶしてみました。すみません(;´Д`A ```

これは、時計台の2階。 とっても雰囲気あります。放課後の教室みたいで素敵。『笑う大天使』(川原泉・著)を思い出しました(←わかるひとだけわかってください)。旅行で来ていたら、ここで延々友人と話をしていたいなぁ・・・。今でも時計は現役で、この日も、ちょうど4時に4つ、鐘が鳴りました。時計の仕組みをビデオで説明してくれるのですが、うーむ・・・・、よく分らなかった・・・・・・・。なんかすごいのは分りました(←オイ

Dscf0636 時計の模型。

Dscf0642

札幌駅に移動しつつ、旧庁舎へ。
これまた素敵な建物。中にも入ることができますが、中もまた素敵なんだな!イメージとしては、『はいからさんが通る』の伊集院家を想像していただければ!・・・・・それにしても、この北海道旅行記は、やたらと昔の少女マンガが出てきますが、お気になさらず。

Dscf0653

札幌駅でもう一人合流し、回るお寿司へ。
まだ食うのか!さっきラーメン食べただろ!という突っ込みは受け付けません。実は飛行機でお弁当も食べたけれども、気にしない!お寿司は別腹!!!サーモンの中落ち、美味しかった~~~shineshine

しかも、とってもお安いのです。結構食べましたが、ひとり1100円。これじゃ、誰もが蝗になってしまうYO、北海道!!

Dscf0661

やっと厚別。寒いといわれていたのですが、それほどでもなかったですね~。動いていたからかもしれません。水筒持ち込み不可には参ったcoldsweats01 ペットボトルの飲み物を移し替えるつもりでしたが、没収されてしまったので、できず。ペットボトルは蓋を外せばOKでしたので、なんとなく釈然としない気持ちのまま、ペットボトルを持ち込み・・・。入口配布のマッチデープログラムは、もちろんマサキ。9月の試合は純平さんかしら。とにかく楽しい試合でした!!北海道在住・エスパルスサポーターさんも、たくさんいらっしゃって、心強かったです。「年に2回しか見れないので・・・」と仰っていて、しかも彼女さん(奥さまかなぁ?)もご一緒だったので、楽しい試合で本当に良かったです。

テレビにバッチリ映っていたよ~、と聞いたので、録画は見ていません・・・・・。

Dsc_0404

戦い終わって日が暮れて。
4得点でおなか一杯!!などと言いつつ、すすきのでジンギスカーン♪

Dsc_0402

すすきので、サッポロクラッシックー♪♪
4点取ったから4杯ー♪♪♪

ジンギスカン、初めて食べましたが、美味しいですねー!臭みもなかったです。北海道のお肉は新鮮だからかなぁ。表面が焼ければ大丈夫ですよ、ってことでした。

その後は、みんなでタクシーを乗り合わせてホテルへ。すすきのから札幌周辺のホテルまで、4人でひとり500円くらいでした。わたしが泊まった京阪札幌が一番遠かったです。でも、京阪札幌、とてもきれいなホテルなので、おすすめですよ~。札幌駅からは少し歩きますけれど、西改札口からは7分くらい。

そんなわけで、ぐでんぐでんに酔っ払って、一日目は終了~。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

晴天の大宮戦

カントクハ テンキヲ アヤツル チカラヲ テニイレタ!

というわけで、事前の予報に反して、試合一時間前くらいから雨はほぼ止み、ハーフタイムからは暑いくらいになりました。雨だからとカメラ持って行かなかったわたくし・・・・・( ̄◆ ̄;) 水まきも天然自然のお水を利用して、大変エコなチームでございます。雨が降ると、ごはんもままならないので、本当に良かった!!

試合は、ガンガン攻めていたわりに点が入らず、守備がゆる~~っとした隙を突かれて失点。その後、目が覚めたのか、とにかく前半中に追いつけたことが大きかった。

平岡の得点、素晴らしかったですねー!ドフリーというのもありますが、打点が高い!!今季、出始めたころの平岡は、どこか自信が無い印象でしたけれど、だんだん調子を上げてきて、まさに「オレンジ・セキュリティ」。安全第一が身上(という勝手な個人的印象)のヒラなので、狙ったパスはたぶん苦手だと思うのですが、ミスを恐れずチャレンジしていますね。失敗することもあるけれど、やらなければ上手くならないし、今はやらなければならないときですし、できますからね。がんばれ、ヒラ!

そして、ゲンキの裏を狙う動きも良かったです。今日は少し考え過ぎのようなところもありましたが、これで落ち着くといいなぁ。あのPKは、簡単に倒れなかったからもらえたのかもしれません。ちょっとレッドは厳しいかな、と思いましたけれど・・・。ああいった場合(得点機会阻止?)のカードは、主審によって違うので、素人のわたしには基準がよく分らないなぁ・・・。でも、PK自体は妥当でしょう。ゲンキが取ったPKですからね!ゲンキの得点!!

Dsc_0442

白崎くんもきっちりチャンスをものにしました。得点してからは、硬さが取れて、なんだか守備も良くなったような。監督のお言葉を借りれば、「得点はFWのビタミン剤」なのでしょう。石毛くんの素晴らしいプレーも見ることができましたし、これからが本当に楽しみです。

ぐふふ、浩太の復活、みなさま楽しかったですね、楽しみましたね。あのスルーパスね。でもって、あのやさしいパスね。ぐふふ。たまに見せる裏番らしい守備ね、ぐふふ。

ところで、やっぱりシュート打たないですねぇ。監督の指示、という噂ですが、どうなのでしょう。指示にしたって、結果を出せば文句言われないと思うのですが。去年のゲンキだって、それでレギュラーをつかんだのですし。監督が言いたいのは、「規律を破るからには結果を出せ。やりたいことをやるからには、それだけの覚悟を持て」ってことなのかなー、と思ったり。みんなが好き勝手なことをしたら、チームとして成り立たなくなってしまいます。なにより、きちんと約束事を守っている他の選手に迷惑です。それでも結果を出せば、その選手のために働く気持ちになるでしょう。なんちゃって、まー、妄想妄想。

今日の試合前、コールリーダーさんがメインまで来てくれて、「(選手がちょっとがっかりなプレーをしても、自分が好きじゃない選手が出たとしても)せめて試合中は、ため息をついたり、ブーイングしたりしないで、最後まで選手を信じて応援しましょう」というようなお話しをしてくださいました。きちんと最初から最後までは聞き取れなくて、おそらくもっと上手にお話してくださったと思うのですが、主旨はこんな感じだったと思います。本当にありがとうございました。これからも、スタジアムで、テレビの前で、職場で、そのほかいろいろな場所で、どこにいても、選手と一緒に戦っていきたいと思います。

では、明日は仕事だーー!!!
がんばります!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 9日 (土)

札幌戦

行ってきました、厚別!

初物尽くしだった厚別!!

ゴトビ監督による水まき(雨)は、試合前に終了してくれた厚別!!!
(明日もどうか試合前にぃぃぃ!)

Dscf0655

大谷津駅からバスに。バスを降りると、そこにはクレーン照明が。
よく照明が○○ルクス以上じゃないと昇格できない、などのお話がありますが、照明関係は、意外と抜け道があるのですね。十分、明るかったです。

Dscf0656

↑どこかから移動してきたのかと思いきや、よくよく見たら厚別専用。

Dscf0671

アップ。とにかく辻尾が戻ってきてくれて、うれしい。

Dscf0675

ゲンキの真ん中、効いていましたね。しっかり競ることができていました。

Dscf0678

マサキも怪我が治ったようで、なによりです。復帰したばかりで、途中からの出場でしたが、札幌の方々に大切にしていただいていて、良かったです。雨も降っていましたし、マサキのミドルが来たら嫌だなぁ、と思いながら見ていました。

Dscf0679

Dscf0693

前半終了。

こんなにあっさり2点も取れると思いませんでした。札幌がうちへの対策を全くしていなかった・・・のか、できなかったのか分りませんが、清水が今まで通りのことをやって得点できた、という印象です。中断で疲れが抜けて、動きが良かったこともあるのかもしれません。素晴らしい試合で、とてもうれしかったですが、これでトンネルを抜けたかどうかは、ちょっと判断に迷いますね。もう少し見たいです。

そして、ハーフタイムはコンサドールズ登場!!

Dscf0696

コンサドールズの衣装、とてもかわいいです。黒のブルマ、黒のソックス、黒のシューズ、という黒尽くしが良いのでしょうか。赤も効いています。男性の皆さん的には、ブルマとスカート、どちらが魅力的なのでしょうかねぇ。どちらもそれぞれ良い、って感じでしょうか。

Dscf0704

試合終了。

まー、叫びまくりました!

石毛くんのシュートも素晴らしかったですし、お辻も戻ってきましたし、浩太も得点しましたからね!!勝利のために生まれてーきた~♪清水の誇り オーレーンージーレジスタ~♪♪ ああ、こんな風に浩太のチャントが歌えるなんて!!!!!

Dscf0707

戦いが終わった選手のみなさん。

Dscf0709

なんだかいつも仲良しな海人さんと林くん。

Dscf0710

声援に応える浩太。

Dscf0711

浩太とお辻。

*************

ここのところ行き詰っていて、それが解決できたかどうかは、まだ分かりません。マリノス戦で気になったのが、平岡がマルキと競ったボールを拾うことができなかったこと、それから、最後のパワープレーを仕掛けた時間帯に大悟の飛び出しが効果的だったこと、です。怪我人が戻ってくれば、またいろいろな形を試すことができますよね。怪我から復帰した選手、控えの選手、現在レギュラーの選手、それぞれの選手の特徴が活かされると良いなぁ、と思います。

明日は大宮戦ですね。

ええと、新監督が指揮されるのでしょうか?明日になれば、わかりますね。そのあたりも楽しみにしたいと思います。明日もがんばるぞーーー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »