« 13日の京都戦どしゃぶり | トップページ | 支離滅裂ながら、ひとり反省会議事録 »

2012年3月10日 (土)

勝つために、最後まで戦うことを、誓います

いよいよ明日、J1開幕です。

そこで、世の中で流行っているという順位予想を行ってみました。

1.清水エスパルス
2.横浜Fマリノス
3.ベガルタ仙台
4.名古屋グランパス
5.セレッソ大阪
6.ジュビロ磐田
7.サンフレッチェ広島
8.サガン鳥栖
9.コンサドーレ札幌
10.ガンバ大阪
11.川崎フロンターレ
12.柏レイソル
13.鹿島アントラーズ
14.大宮アルディージャ
15.FC東京
16.浦和レッズ
17.ヴィッセル神戸
18.アルビレックス新潟

うち以外は、逆さま五十音順!
こんなことにエクセル使ったなんて言えやしないよ。

それぞれのチームの戦力なんて、選手も監督も重々承知。その上で、どうやって勝つか考え、準備し、戦いに挑むわけです。どこが相手でも。

となれば、われわれサポーターは、最後の笛が鳴る瞬間まで、それを信じて後押しするのみ!つまり、開幕前のこの時点では、全勝するつもりですよ、もちろん。負けることなんて、負けてから考えればよろしい。試合前から考えてどうする。わたしたちは解説者ではないのですよ。

昨年は、感謝で始まり、感謝で終わった一年間でした。

今年も感謝の気持ちは変わりません。残ってくれた選手への感謝、来てくれた選手への感謝、そしてなによりも、そんな日常への感謝。さらに今年はそれに加えて、どんなときも、最後まで、「勝つため」に戦います。あきらめません。

仮に0-4の状況であるならば、5点取るために最後まで戦います。「せめて引き分け」でも「せめて1点は入れよう」でも「まずは残留」でもありません。勝つため。勝ちを追求していくことこそが、メンタルを強くするのだと思います。ピッチ上の選手に対してだけではありません。結果に対して、自分にも責任があると自覚します。12番目の選手ですから。サポーターにも、結果を左右する力が、微力ながらあると思うから。微力は無力とは違うから。

などと勇ましく宣言したわりに、明日は仕事です。申し訳ありません。とはいえ、この魂はいつもエスパルスとともに。

参戦のみなさま、どうか久しぶりの豊田スタジアムを楽しんでください!

|

« 13日の京都戦どしゃぶり | トップページ | 支離滅裂ながら、ひとり反省会議事録 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/44433282

この記事へのトラックバック一覧です: 勝つために、最後まで戦うことを、誓います:

« 13日の京都戦どしゃぶり | トップページ | 支離滅裂ながら、ひとり反省会議事録 »