« さよならは別れの言葉じゃなくて | トップページ | 落とし物はスタジアムにあります »

2011年12月16日 (金)

右側

パルちゃんはピッチを離れるとき、一礼します。それを見ると、つい「イチかよ!」と突っ込みを入れたくなるのです。

先日、イチがトライアウトに出たようです。

一時は「エスパルスに復帰か?」などの記事もありましたが、どうもそうはならないようです。その記事には、イチが5度も手術をしたと書かれていました。それを読むだけで、なんだか胸が苦しくなりました。そんなにもがんばってきたのか、と。

わたしは、もしもイチが来季エスパルスに帰ってくるようであれば、状態は相当悪いのではないか、現役最後の年になるのではないか、と勝手に心配していました。もっとやれるのであれば、きっとエスパルスは選ばないのではないかと。あんなふうに出て行くことになり、イチにだって意地がある。もしも帰ってくるときは、もうそういう気持ちが無くなったときではないかと。

だから、トライアウトに出たと聞き、ちょっとホッとしたのです。
まだ、イチは大丈夫。まだまだいける。

キタジが柏で復活したように、イチがエスパルスに帰ってきてよみがえる姿を、私も見たい。そんな風にも思います。だから、もしもその機会が訪れたら、全力で応援します。ただそれを決めるのは、選手本人。勝手に夢をのせることはできない。「イチがいたらなぁ」と思うことは、今、エスパルスのためにがんばってくれている選手に対しても失礼だから。ただ今は、良いチームが見つかりますようにと祈るのみ。

でも、いつか。いつか、どんな形でもいいから、また一緒にがんばれたらいいな。ずっとそう思っています。

|

« さよならは別れの言葉じゃなくて | トップページ | 落とし物はスタジアムにあります »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/43393279

この記事へのトラックバック一覧です: 右側:

« さよならは別れの言葉じゃなくて | トップページ | 落とし物はスタジアムにあります »