« 前置き | トップページ | 小休止 »

2010年11月 9日 (火)

探してみよう!~その1~

さて、人に考えてもらってばかり、というのは、あまりにも自分が情けなく不甲斐なく。私もセレッソ戦の良かったことを見つけてみようと思います。

♪だーれかさんが だーれかさんが だーれかさんが 見つけた

小さいъ(゚Д゚)グッジョブ!!

小さいъ(゚Д゚)グッジョブ!!

小さいъ(゚Д゚)グッジョブ!!

見-つけた♪

(注:わたしは素面です)

まず、タクは大阪でも素晴らしかったですね。もちろん細かいミスはありましたが、前後半通して良かったのは、タクだけでしょう。

実はタクを育てるために、エスパルスというチームが存在しているのではないか、と錯覚するほどです。ピンチの芽が、あちこちからピョコピョコ出ているのですが、せっせせっせと摘んでくれます。上手くファウルをもらったり、上手くボールを獲ったり。あまりに働くので、「怪我しないでね・・・」と心配になるほどです。サイドチェンジも良かったです。上がっていって、シュートも1本打っていましたね。おそらく、その前に打てる場面でパスしてしまったので、「次は」と思っていたのでしょう。あれはとても良い攻撃でした。惜しかったです。

悲しいことに、来季は7番が空く予定です。どうするのでしょう。欠番て、可能なのでしょうか。可能でも、不可能でも、もしもタクが7番を背負ってくれるなら、タクならいいです。今のタクのパフォーマンスなら、7番を背負うのに相応しいと思います。わざわざテルさんのいる清水エスパルスに、わざわざ「テルさんからポジションを奪う」と宣言して入ってきてくれたタクだから、その重みも充分に感じてくれているはず。きっと、また新しい歴史を作ってくれる選手だと思います。

わー、ダメだ。ここまで書いたら、また泣けてきちゃいました。まずいまずい。次の話題に移りましょう。

次に、平岡。

失点シーンは、平岡にはどうしようもなかったのでは、と思っています。ええと、タクがかわされて、平岡と11になってしまったのでしたっけ?いや、どうにかすれば、どうにかなったのかもしれません。ああいうシーンで、輝さんがどうにかしてくれる場面を、何度も見ましたから。ただ、あのような場面での輝さんは別格だから、比較するのは間違い。普通は、その前になんとかしなくちゃいけないし、そもそも点を取りに行って、ああなったのだから、点を取れないことの方が問題で。人数掛けて攻撃に行ったら、絶対にやりきらないと。攻撃陣には、それくらいの気持ちで臨んでもらいたいです。

そう考えれば、平岡って、なんという安定感あるCBでしょう!!前4番がいなくなって以降、私たちがずっと探していたのは、平岡だったのではないでしょうか。波が無く、冷静で、ポジショニングも良く、プレーがハッキリしていて、ラフプレーも少なく、誰とでも合わせることができ、たまには得点もしてくれる。平岡がいなかったら、もし、札幌に行ったままだったら、今季の清水はどうなっていたのでしょう。想像すると、恐ろしいです。平岡の話題になると、必ず出る言葉が、「みんな、力は持っているんだよねぇ。やれば出来るんだよねぇ」、です。平岡の存在が、来季、若手ばかりなることで不安を抱えているサポを、安心させてくれるのです。

次に、真希。

我慢してずっと使ってきた甲斐がありました。前半こそ、「おーい、どこにいるんだ~?」と言いたくなるプレーでしたが、後半は良かったです。それだけに、負傷退場が悔やまれます。何がよかったか、はっきりとは分からないのですが、真希のいる間の方が、バランスが良かったように思うのです。後半は、けっこうガツガツ行ってくれる場面もありましたし。現地の印象だけで、テレビでは見ていないので、的外れだったら、ごめんなさい。後半の押している時間帯にシュートが打てればよかったのですが、そのような場面は無かったです。んー、真希がそういうことをしなかったから、バランスが良かったのかな。少なくとも、伸二がいなくても、なんとか戦える、という希望の持てる試合でした。

次、兵働キャプテン。

兵働キャプテンといえば、宇宙開発・・・・・・・・・じゃなくて、「永遠の若手」。いえもうね、最近では、それが冗談ではない、と思うくらい、走ってくれています。セレッソ戦でも、他の選手がヘロヘロで、倒れてファウルをアピールしちゃうような時間帯に、必死で走ってくれました。前線の選手たちがプレッシャーを掛けていないときは、ひょうさんが前まで来て、相手のDFへ目掛けて行ってくれます。昨年は、「やっぱり、ひょうさんにはキャプテンは重かったかなぁ」と思うこともありました。でも、今年は、本当に頼りになる、あついキャプテンです(not くちびる)。ただただ、頭の下がる思いです。ひょうさんは、間違いなく、清水のひかりです。

西部も、良かったです。

西部を取り巻く状況を考えたら、グダグダになってもおかしくないのですが、ちゃんとプレーしてくれています。私が覚えているだけでも、2回は「ウギャー!!!!」なシーンで、止めてくれました。ボスがギリギリでスライディングして止めてくれたシーンも、相当「ぐえぇぇぇぇ!!ふえぇぇぇ!!!」でしたけどね・・・。あーあ、わたし、西部のまつげが好きだったのにな・・・・。ううううう。また泣けてきたよー・・・・・。がんばれー・・・ううううう。

うううう、まだ先は長いから、ちょっと休憩します。うううううう・・・・・(;;)

|

« 前置き | トップページ | 小休止 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/37595591

この記事へのトラックバック一覧です: 探してみよう!~その1~:

« 前置き | トップページ | 小休止 »