« チョーキモチイイ!!! | トップページ | ニワカ祭り »

2008年8月12日 (火)

遠いオリンピック

淳吾・・・・、スキマスイッチのピアノの人だ・・・・・・・・。

サッカー男子は、グループリーグ敗退が決定しました。とにかく、全員無事で帰っておいで、と思っていたのですが、ウッチーが故障の様子・・・。長期離脱の可能性もあるようです。選手の怪我や病気はつらいです。特に今年は、兵働や淳吾のことがあって、その手のニュースがよりつらく感じられます。代表のためなんかじゃなく、ただその選手のために、一日も早い回復を願います。

なんかね、本選が始まったらどれだけ興奮するんだろう、と思っていたのですよ。だって、予選のとき、「夜中キックオフで明日仕事で」という状況でも、時には前のめりに、時には祈りながら、応援していたのです。けれども、予想に反して、本大会が始まってみたら、全然のめりこめない自分がいます。

代表といえども、2年近く応援してきたので、やはりずっと一緒に戦ってきたメンバーに、私は愛着がありました。うちの選手だけじゃないですよ。柏木くんや青山敏弘くん、上田くん、カレンくん、水野くん、家長くん、伊野波くん・・・。五輪代表では、みんなうちの子でした。だから、アオだけじゃなく、彼らが落選したことも、かなりの衝撃でした。

反町さんは「こころ」で選んだ、と仰っていましたが、あの厳しい予選を戦い抜いたことは、監督にとって「こころの強さ」にならないのでしょうか?アウェイの環境だけじゃありません。川淵(当時会長)さんや、マスコミにずいぶん叩かれましたよね。人気が無いとか、チケットが売れてないとか、ぴちぴち感がないとか、U-20を早く入れろとか、そりゃもう散々。それでも彼らは、結果を出して、外野を黙らせた。それによって育った一体感と自信があったはずです。

最後の最後で、メンバーが変わったことは、彼らが2年間かけて培ってきた一体感を、すべて捨ててしまうことになったのでは?少なくとも、応援していた人は、ちょっと興味が薄れたと思います。自分が愛着が湧かないからって、他人もそうだと思ってしまうのは危険です。でも、ウッチーの「最後まで軸が無かった」という発言を聞くと、反町さんがころころメンバーを入れ替えたからじゃない?と邪推してしまいます。

それにしても、ワールドカップもオリンピックも、4年にいっぺんて、いつ・だれが・どんな理由で決めたスパンなんでしょうか。絶妙すぎて、切ないです。

|

« チョーキモチイイ!!! | トップページ | ニワカ祭り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/22925252

この記事へのトラックバック一覧です: 遠いオリンピック:

« チョーキモチイイ!!! | トップページ | ニワカ祭り »