« 初キャップ | トップページ | ファイヤーワークス »

2008年8月20日 (水)

ソフトボール・オーストラリア戦

宇津木さんが小さな声で、「よかったねぇ」と言ったのが印象的でした。

ああ、本当に良かった・・・・!上野投手、よくがんばったね!!7回、あと1アウトで終了というところで、オーストラリアホームラン。あれでガックリきて負けてしまうかと思いました。なにせ、午前中も投げて、しかもタイブレークの末、敗退だったんですからね。

それにしても、タイブレーク、恐ろしいシステムです。7回終わって決着が付かない場合、8回からはノーアウト2塁からのスタート。1塁に走者はいないけれど、これは守るほうにとっては、相当のプレッシャーです。バントで送っても、まだ1アウトです。常にドキドキです。それだけに、自分たちの攻撃で点が入らなかった時の落胆は、かなり大きいです。

そのピリピリして、がっかりするのを、8回から12回まで、実に5回ぶん。耐えて耐えて、やっとつかんだ勝利です。本当に素晴らしいです。上野投手、これまで不調といわれていましたが、ここへ来て、ちゃんと調子を上げてきた。エースです。明日は投げられるのか心配だけど、なんとか3度目の正直、アメリカに勝ちたいです!!

|

« 初キャップ | トップページ | ファイヤーワークス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/23117680

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトボール・オーストラリア戦:

« 初キャップ | トップページ | ファイヤーワークス »