« 変換 | トップページ | あれれ? »

2008年8月26日 (火)

ひさしぶりに読書

宮部みゆきさんの『孤宿の人』上下巻、読み終わりました。

泣いたー・・・・・・。昨日の夜、読み終わって泣いて、今朝ももう一回、最後の数ページを読んで、また泣いて。なんというか・・・とてもきれいなお話でした。それも「江戸時代」という設定があるから、成り立つのでしょう。現代では難しいよなぁ・・・。今の人々は、不思議なことを信じなくなってしまったから。こういうお話を読めるようになったあたり、「大人になったのね、自分」、とも思いますし、「嗚呼、大人になっちゃったんだなぁ」とも思います。大好きなお話を読み終わってしまうと、とても切ないですね。「加賀さま」も「宇佐」も「ほう」にも、もう会えないんだなぁ。

宮部さんの作品、もっと読みたいです。模倣犯の前までは、熱心に読んでいたのですが・・・。本は図書館、と決めている私にとって、人気作家さんの本は、予約しないと読めない面倒な書籍なのです。実際、『ハリーポッター』も『一瞬の風になれ』もどれだけ待ったことか!佐藤多佳子さんの『夏から夏へ』、とっても気になります。宮部さんの新刊『おそろし』は、いつ読めるやら。『火村英生に捧げる犯罪』は、絶対、予約してでも読まなくちゃ!

絶対予約といわず、買えば良いのですが、買うと処分が大変なのです。なかなか捨てられなかったりもして、引越しでは本だけでかなりの量になったり・・・。というわけで、なるべく買わずに図書館です。図書館、エコですよ~。タダだし、涼しいし。都会の図書館には及びませんが、一応、雑誌も数種類そろっています。私の行く図書館には、サカマガもあります。スポーツ新聞もいくつか。DVDとCDがもっと充実すると、言うこと無いんですが・・・。贅沢言っちゃいけませんね。

それにしても、『蟹工船』がベストセラーに入ってしまう、今のニッポンて・・・・・・・・。

|

« 変換 | トップページ | あれれ? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/23272518

この記事へのトラックバック一覧です: ひさしぶりに読書:

« 変換 | トップページ | あれれ? »