« 折り合いをつけるのは難しい | トップページ | 何故、水曜日なのか »

2008年7月31日 (木)

青山ブックセンター

青山ブックセンター、再破綻!ショックです・・・。本屋は無くならないようですが、あの営業スタイルそのものが、もう限界なのかもしれません。素敵な本屋さんなのですけどね・・・・。

活字離れが叫ばれて久しい昨今、本屋の存在意義も薄れているのかもしれません。まして、今はインターネットで簡単に購入できます。ネット販売も、今は、「送料負担による地方と都会の格差」がありません。コンビニ受け取りなら、送料がかかりません。書店が潰れる原因のひとつ、万引きも、ネットには存在しません。

本屋はキャパシティが限られていて、毎日たくさん出版される全ての書籍を置くことなどできません。返本率が30%を超えたら、潰れると聞いたことがあります。そのため、本屋には売れ筋商品しか置けない現状なのです。そんな中、青山ブックセンターは、売れ筋でない商品も、たくさん置いてありました。おしゃれな雑誌や、洋書や、写真集、オススメの本、サイン本、かわいらしい実用書、エトセトラ・・・・・。本が好きな人が好きな本屋だったと思います。

経営の引継ぎに、ブックオフコーポレーションなどが手を上げているようですが、あの雰囲気をなくさずに続けることは、おそらく難しいように思います。大学を卒業してから、年に何回かしか行けなくなってしまったのですが、とても好きな書店だったので、2度目の経営破綻はとても残念です。時代に合っていない、ということなのでしょうね・・・。電車でも、本を読む人よりも、i-Podやゲームや携帯電話をいじっている人の方が圧倒的ですもんね。

|

« 折り合いをつけるのは難しい | トップページ | 何故、水曜日なのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/22687162

この記事へのトラックバック一覧です: 青山ブックセンター:

« 折り合いをつけるのは難しい | トップページ | 何故、水曜日なのか »