« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月

2008年4月30日 (水)

良くしていくために

審判暴言問題で協会とJが共同調査着手

「何もないところで『死ね』という言葉が出てくるとは思えない。」ってことなんですが、どういう状況にせよ、言ってはいけない言葉です。選手はアドレナリン100%で試合をしているわけで、判定に不服だったら文句の一つも言いに来るでしょう。そこを上手くコントロールするのが審判の仕事なのでは?相手が文句言ってきたから、こっちも文句を言ってやった、では仕事になりませんよ。状況云々は問題ではありません。選手と一緒になって興奮していたら、ただの職務放棄です。これはただのジャッジミスではないのです。(もちろんジャッジミスもいけませんが。)どんな企業に勤める人だって、取引先の方に「死ね」と言ったら、下手したらクビです。上司から部下に対して言った言葉だとしても、やはり問題になるでしょう。この問題は、「審判の質向上」とは別問題と考えるべきです。「審判の質向上」というのは、あくまでも「判定の質」であって、人間性や倫理観ではありませんよね。この暴言は社会人としての常識を逸脱したものであって、判定とはなんら関係がありません。

ジャッジが正しく行われれば、この抗議も無かった、という意見もあるでしょう。でも、なにが正しい判定か、判断が難しいです。妥当な判定でも、その選手にとって不服な場合もあるでしょう。今回、選手がどのように抗議をしたのか分からないので、それについては判断がつけられません。でも、勝敗を主審のせいにしているうちは上位には食い込めないでしょうね。これは自戒を込めて。主審はそれほど入れ替わりがないし、ましてSRともなれば、おそらく1シーズンで1回は当たるわけです。その日の主審の特徴を早めに理解して、それも計算に入れつつゲームを運んでいかないといけません。抗議をすると少し考慮に入れてくれる方もいらっしゃるかもしれませんが、ほとんどの場合、心象を悪くしてチームに不利に働くのではないでしょうか。選手の抗議に左右されてはいけない、と身構えるでしょうし。悪いときのフェルはその典型です。審判の質向上が一朝一夕にいくとは、到底思えません。ならば、こちらが対応していくしかないのです。

上位のチームならともかく、ほとんどのチームのサポが審判に対して良い印象は持っていないでしょう。でも、クラブもサポーターもマスコミも、それぞれがそれぞれの立場で、審判への対応や見る目を考えていかないといけないのかもしれません。最近は解説の方が、「あれ?」と思った判定に意見を言うことが増えてきましたよね。選手やサポは良いゲームを作る努力をする、協会やマスコミは良い審判を育てる。とはいえ、やはり自チームに不利な判定は、「えー?!」って思っちゃうんですよね(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

連戦2つめ

鯛の尾頭付き画像でも貼りたいくらい嬉しいですが、なにか?

GW初日、当然ながら仕事でした。メール速報を登録しているのですが、結局、見ることができたのは午後8時半。全部で5通来てたので、点が入ったんだな、とは思ったのですが、やはり怖かったです。最後のメールを一番最初に開けたら、2-0!とてもうれしかったです。帰宅してから録画を観るか、アフターゲームショーを見るか迷い、その日一番最初のゲームだったので、一番最初に放送するかと判断してアフターゲームショーを選択したのですが、失敗でした(^^;)うちのゲームは最後の方でした。でも、ゴールシーンを見ることができたし、藤本の美しいパスを野々村さんも珍しく大絶賛。なんですか、静岡ダービーへの布石ですか。わかりませんけれど、ちょっと照れますなぁ。「えへへー、そう?すごかった?」みたいな感じです。自分のことでもないのに(笑)録画を観たら、金田さんも大絶賛。またまたテレテレです。「いやー、まあねー、なんていうか、やればできるっていうか。ね?」という感じ(笑)でも、ほんっとすごかったです、藤本が!ハイパー藤本でした。でも本人としては体が重かったという(笑)久米さん・興津さん、藤本にアタックしてくれてありがとう。そして藤本もうちに来てくれてありがとう。監督は「去年のサッカーが戻ってきた」とコメントしていますが、去年てこんなでしたっけ?ホームの新潟戦なんかは、藤本フェルのコンビで点を取った記憶がありますが、あとは藤本ひたすら守備してたような・・・。なにはともあれ、ここ2試合は観てて本当に楽しいです。耐える時間が長かっただけに、よけい楽しいです。ボールを取られても、高い位置からみんなで連動して行っているので、取り返してからの繋ぎもできるようになってきました。以前は守備に回った時に、完全に退却してしまって、簡単にペナルティエリアの前まで持ち込まれる場面が多かったですよね。負け続けると自信もなくなって、ガツンと行くこともできず、跳ね返すこともできず。守備の時間が長くなって、攻撃どころじゃなくなり、シュートもコーナーキックすら減っていきました。まさに負のスパイラル。それがFC東京戦、柏戦と、コーナーキックの練習かい?!というくらいの本数。レイソル戦は流れから1点、セットプレーから1点(しかも途中から入った岡ちゃん)と、理想の展開です。しかもこの連動性が監督からの指示ではなく、一部選手同士の話し合いで行われるようになったということで、おばちゃん感動です。てるさんからタクへ細やかな指導もあるようですし、「普段仲は良いけど試合中は・・・」というところから、脱皮しつつあるのでしょうか。

調子の良かった西澤・原の天皇杯コンビが組めない、ということで一抹の不安はあったのですが、柏のハイプレッシャーにヤジ・原のスピードがむしゃらコンビが上手くはまりました。前線にボールが収まったかといえば、そうでもなかったんですが、しつこく裏を狙い続けることで、柏DFを下げることに成功。それによって中盤が空き、暑さで相手のプレスがだんだん緩んできた時間からは、藤本やフェルが自由に動き回り、両サイドも高い位置をキープできました。他のチームにこれが通用するかといえば、疑問ですが、少なくとも柏相手には効果的でした。これでアニキも休むことが出来ましたしね。怪我ということなので、時節出場が可能か分かりませんが、懸案の体力問題は解決できたはずです。ここ最近「どう動いたらよいか分からず守備もなんだか落ち気味」、という感じだったヤジも、この試合は良いところが出せて、守備も最後までがんばってくれたと思います。シュートも良かったですしね!去年のホーム川崎戦のイチくんグラウンダークロス→ヤジゴール!は、すごくカッコよかったので、ああいうのがまた見たいです。あとはペナルティエリア内でちょっとDFをかわす、というテクニックや工夫があればいいんじゃないでしょうか。一樹も惜しいシュートが2本ありましたねぇ!ドリブルで抜いていったのと、クロスバーに当たったのと。あとちょっとです!運動量も最後まで負けていなかったと思います。シーズン前に走った甲斐がありましたね。連戦のまだ2試合目ですから、これからもっときつくなってくると思いますが、杉本塾長の面目躍如となるといいです。ところで、昨年の日立台・柏戦も主審は扇谷さんだったような・・・。気のせいですか?FW陣が襟を立ててたような気がするのですが・・・。気のせいですか?

とはいえ、浮かれている暇もなく次が来てしまいます。恐るべし、ゴールデンウィーク!ジェジンも言っていましたが、ダービーはプライドを懸けた戦いであり、お祭りです。大事じゃない試合なんてないですが、ダービーは流れ関係なく燃えます!!ダービーって言ったら、静岡ダービーに決まってるじゃん!!堀池さんもやべっちで宣伝してくれたし、まだ経験したことの無い選手は、楽しみにしとけ!!(笑)

それにしても、この流れでダービーに参戦できない私は超ミラクルスーパー負け組です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月29日 (火)

もう今日か

ホーム初勝利の余韻に浸る暇もなく、次の試合です。この順位にいれば、どの試合も負けられないのは当然なのですが、9、10節はそれまでの流れに関係なく、勝ちたい試合です。何かとご縁の深い柏レイソル。今年は圭輔・浩太が加わって、さらに因縁が・・・。浩太や圭輔の活躍を見たいのは山々ですが、それは他の試合でよろしくお願いします。それを楽しむ余裕が今のうちにはありません。

昨年のアウェイ柏戦は、五里霧中なチームにやっと晴れ間が!というゲームでした。まさに出口。今年は五里霧中というより暗夜行路です。それでも、マリノス戦・FC東京戦と、内容が良くなってきました。特にF東戦の前半は観ていても楽しかったです。みんな出足がよく、セカンドも拾えてましたし、フェルへのフォローも早かったです。後半は隣のおじさんが「マリノス戦のことがあるから・・・」と5回くらい言っていたのが可笑しかったです。ロスタイム、長かったですよね。かくいう私も西部コールに力込めすぎでしたけど(^^;明けない夜は無い。待ち遠しいです。

明日からGWへ突入。曜日の組み合わせが悪く、あまり大型という印象は無いのですが、それでも私の仕事はピークです(;;)明日からが勝負であります。チームが連戦がんばっていることを糧に、私もがんばります!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月26日 (土)

4月26日、センターバックの日なのだ

今日の収穫は、パルちゃんのサインと、リーグ戦ホーム初勝利。

Pulchan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月25日 (金)

祈っています

びっくりしました。そんなにお体が悪いとは思いませんでした。川崎は好きなチームです。それは監督と選手が素直で一生懸命なのが、外から観ていてもわかったから。優秀な監督はJリーグの財産です。早く良くなってください。祈っています。オシムお爺ちゃんといい、関塚監督といい、監督業は本当に大変なのですね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今さらですが

来年も、つらくとも楽しいサポーター生活を続けられたら、と切に願う今日この頃であります。名古屋戦後の事件について、やはりモヤモヤしたものがあります。この違和感を自分が忘れないためにも、今さらですが、留めておこうと思います。以下、もうあんなこと忘れたい、という方は読まないでくださいね。

続きを読む "今さらですが"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月24日 (木)

代表の皆さまお帰りなさい

マリノス戦、昨日(もう一昨日か)やっと全てを見ました。私が帰宅したときには既にヤジが出ていたので、後半残り30分くらいだったのでしょう。「あれ?ヤジだ。次、原と交代で入れるなら岡ちゃんかな」と思ったのを覚えています。

名古屋戦よりはずっと良くなっています。ここ2戦で、ダイヤにしろボックスにしろ、今季は前(特にFW)の守備がキモというのはよくわかりました。一樹が走り回ることで、相手の攻撃を遅らせることができるし、こちらもチャンスが作れていたと思います。守備もある程度余裕が持てたはずです。それだけに、岩下投入は早かっただけでなく、原かフェルに変えて岡ちゃんでも良かったかな、と思いました。結果論ですけどね。テキヤの方が一枚上手でした。3年間、選手の成長を楽しんできましたけど、今一番伸びシロがあるのは監督でしょう。今季どれだけ健太監督が成長するか、毎試合、楽しみにしたいと思います。五輪でやりくりせざるを得ませんしね。どん底を見たおかげで、それくらいの余裕が出てきましたよん。

あと、ヤジはあの時間に出てきたんだから、もうちょっと走っても良いと思います。今季、せっかくシュートが枠に行くようになって、ゴールへの積極性も見えてきたのに、昨季唯一良かった守備意識が消えてしまっては・・・。これは、顔がポヤヤンとしているのが、そう見せちゃうんでしょうか?だって、岡ちゃんだって歩くところは歩いてますよねぇ?必死の形相とか怖い顔とか練習したほうが良いのかなぁ。あの体格でグオォォ!!って怖い顔して来られたら、DFもビビると思います(笑)ヤジ、がんばっているのはわかっているよ!いつまでも応援してるよ、結果が出るのを祈ってるよ!

ええと、あとやべっちFC。これ、突っ込みどころ満載じゃ?輝さんの口からあんな言葉が・・・・。でも東京V戦の輝さんはわりと前に行っていましたし、マリノス戦でも輝さん→エダヘッドなんてのもありましたよね。もしや輝さんがリミッターを外す時が来ちゃいましたか?!今までのドMサッカーから、取られたら取るで!のドSサッカーに変わるってことでしょうか?んなわけないか。健太監督だし。なにはともあれ、FC東京戦、楽しみです。

和道も、初代表でいろいろ感じたでしょう。お疲れさま!その経験・感覚をチームで活かしてください(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノートン先生

昨日から、ノートン先生(ノートン・インターネット・セキュリティ)がご機嫌斜め(´ω・`)

たまにちょっとパソコンの設定をいじると、ノートン先生は「もう監視なんてやらん!勝手にしろ!」と言って、私を見捨てます。一人では先生のご機嫌を回復することはできないので、サポートセンターの方に手伝っていただきます。昨日はディスクの空き領域を広げたのですが、例のごとく、先生から「リスクあり」の表示。修復を何十回行っても、「リスクあり」のまま。仕方なく、ノートンのサポセン@チャットへ。さんざん操作して、結局、「2007では解決しないので、2008へアップグレードしてください」、となりました。2008を入れるためには、2007を完全にアンインストールしなければなりません。またまたやり方がわからないので、サポートの方に手伝っていただきながら操作。セーフモードまで出動ですよ・・・・。再起動、何度かけたやら。で、やっと2008をインストール!という段階で、サポセンの方から「チャットサポートは21時までですので、また明日以降にお願いします」との言葉・・・・・・・!!!!えぇぇぇぇぇぇ?!マジで?!今、完全に無防備な状態ですよ、我がPC。せめてやり方だけでも書いてくれるかなと思ったのですが、一方的なお言葉が並び、終了となりました、嗚呼。次の日も仕事だし、仕方がないから、自分でアップグレードくらいできるもん!と、挑戦してみました。が!無償アップグレードするためには、前のバージョン(この場合ノートンインターネットセキュリティ2007)が入っていないと、いくらダウンロードしても「お金払わなきゃ、守る義務ないもんね!」という表示が出てくるだけなのです。そこで再び、せっかく3時間ぐらいかけて消した2007を再びインストール・・・・・・。悲しすぎる。その後、ノートンから2008年をインストール。なんだよ、普通に上からインストールできるじゃん!!!(怒)というわけで、無事2008年度版のノートン先生を手に入れることができました。しかししかし、2008年度版にアップグレードしたところで、最初の問題は解決されなかったのです。2007年度版と同じところが「リスクあり」。先生、もうそのネタ飽きた。しつこいよ・・・・・・・・・( ´Дヽそこからまた悪戦苦闘が。やっとご機嫌が回復いたしました。結局、PCの日付がぴったりだとダメみたいです。なので、今日は26日設定ですよ、私のパソコンくん。前もこれで解決したんですけど・・・ふぅ・・・・・・・。なかなか解決しなかったので、あれやこれややっているうちに、なぜかインターネットエクスプローラーも6から7へ更新する羽目になりました。IE7、使いづらいよ!コマンドは一直線に並んでいるほうが好きです。でも、もう元に戻すのが面倒で。

先生、お願いですから、いつもゴキゲンでいてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月22日 (火)

明日はフリー

和道の代表コメントを読む日が来るなんて・・・・ホロリ( ω-、)

ところで、やっと怒涛の一週間が終了しました!月・火の旅行&友人宅訪問に始まり、ヴェルディ戦、歓迎会、最後に棚卸し・・・。ほとんど遊び倒してただけなのですが、ふだんは引きこもりの生活なので、やはり「ふぇぇぇぇ」という感じにはなりました。買い物にも行きたいのですが、時間がないです。その鬱憤晴らしなのか、コンビニに行くとお菓子買いまくりです。食べるのが間に合いません。だったら買わなきゃいいんですけど、気がつくとお金を払ってるんですよね。病気かしら・・・・。もちろんアオお勧めのグリコ新作も購入しました。明日食べようっと!!ちゃんとグリコを紹介するあたり、アオは大人の事情がよくわかっているなぁ。いいぞ。以前、するがエレガントをヤフーで検索したら、『青の日記帳』がトップだったので笑いました。JAもっとがんばれ(笑)それにしても、桜庭一樹さんですか。『リアル鬼ごっこ』からだいぶ進化しましたね。直木賞取りませんでしたっけ?よし、CBの趣味は代々、読書で決まり。五輪合宿がんばれ。

明日は大量のお菓子を抱えながら、マリノス戦とやべっちFCを堪能で決まり!掃除もしないと・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月21日 (月)

めでたい

兵働復活、戸田復活、おめでとう!!

エダの怪我がとても残念です。五輪に行きたいって言ってたのに。そういうことをあまり言わないイメージだったので、余計印象に残っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月20日 (日)

うれしいです!!

和道、初代表おめでとう!!

涙出る。本当にうれしいです。本当にうれしいです!選ばれてもおかしくないってずっと思っていましたが、実際選ばれてみると、びっくりするものですね。代表になっちゃったんだなぁ。候補でも全然かまわない。いろいろ勉強になるだろうし、気分転換になるといいね!緊張してしまいそうですが・・・・(^^;知り合い誰かいるのかな?とりあえず、中澤に点の取り方を教えてもらうべし!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月18日 (金)

復活!

今日は新入社員の歓迎会です。いまどき「時価」のあるお寿司屋さん。楽しみです!!しかし、今日は二次会も強制です。スポパラ見れない・・・・ω`)録画はしていきますが、何時に帰ってこれるやら・・・。できるだけ疲れた様子で、できるだけ眠そうな感じをかもし出してみます!

さて、まずはこれ、このニュースですよね!!兵働くん合流!!!チーム状況が悪く、兵働くんは「自分が力になれない・・・」とかいろいろ考えちゃいそうだから、心配していました。でも良かった。思ったより、ずっと早い復活でした。中断明けくらいかと予想していたので、本当にうれしいです。兵働復帰が単純にうれしいのと同時に、これで和道の精神的負担が少しでも減るといいな、と思います。チームがあのような状態で、あんな事件もあって、たぶん、キャプテンとして和道が感じているプレッシャーは相当なものだと思います。失点も多いので、余計でしょう。だから、先日の山ちゃんや兵働くんの復活は、そういう意味でもチームにとって大きいはずです。また、ヴェルディ戦で西部が「点を取ったらみんな集まって喜ぼう」と言ってくれたのもうれしかったです。こうしたほうがいいよってことは、みんな言うべきです。チームに対する責任は平等ですから。まぁ、若手はなにも考えずにのびのびプレーしてくれればいいです(笑)

次!その若手たちのオリンピック。エダ復活、おめでとう!!チームとしては、大事な大事な大事な時期に五輪合宿ということで、「ううむ・・・」な部分も無きにしも非ずですが、これが最後のアピールチャンス。失うものは何も無いです。だって、最終目標は五輪じゃなくてA代表ですからね。思い切ってやってこい!でも怪我は絶対ダメ!!約束だぞ!!!A代表は川崎の寺田選手が32歳にして初召集で号泣だとか。きっと川崎の人々もうれしかったことでしょう。こういうのでチームの雰囲気が好転したりするんですよね。西部も和道もイチもまだチャンスはある。とにかく今は、一歩ずつ這い上がろう。

ヴェルディ戦はとても気持ちよかったですが、そんなに劇的に変化するほど、簡単ではないと思います。しかも次の相手は好調マリノスです。ただ、一戦一戦、大切に、次につながるゲームをしていきましょう。「人を感動させるのは技術じゃなくて気持ち」(by 原一樹)。太田の「練習は嘘をつかない」に続き、名言こころの殿堂入りです。その言葉通りのものを、水曜日は見せてくれました。上手くいってもいかなくても、応援する、それだけです。

では、そろそろ歓迎会に出発しまーす!まぐろまぐろ!!!

あ、岩下敬輔さん、どうぞよろしく!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

楽しかった!

春眠、暁を覚えず。ひさびさに熟睡。お肌ツヤツヤです☆

でも二度寝して遅刻しそうになりました(ε`*)

昨日のヴェルディ戦、実はあまり記憶がないのです。「ちょっとでも良いプレーをしたら拍手しよう、声を出そう、野次・ため息に負けない応援をしよう」と思っていたので、いつもそうですが、いつも以上にボールウォッチャーでした。だから、誰がどういう動きをしていたのか、布陣もよくわからなかったです。ずっとボックスだと思っていたのですが、最初はダイヤだったのですね。断片的な印象しか残っていません。

まず一樹がすばらしかった。攻撃でも守備でも彼が動き回ることで、全体を助けていました。得点こそ無かったけれど、MVPです。それから輝さん。輝さんのワープは守備バージョンはなんども見たことがあるのですが、攻撃バージョンは初めて見ました。ビックリです。だって輝さんがゴール前に詰めているんですよ?!攻撃に絡んでいったのが1度や2度じゃないんです。それこそフェルなのかテルなのかって感じでした。山ちゃんも、さすがでした。内心、「大丈夫かな、山ちゃんで」って思っていましたが、すごく安定していたし、攻撃への上がりもあり、バックスタンドに座った甲斐がありました。嗚呼山ちゃん。怪我が治ってよかった。試合に出られない長い期間、こうやってモチベーションをずっと保っていてくれて、苦しいときに支えてくれて、本当にありがとう。あと西部、なんだか普通の状態でも腰を痛めそうな落ち方をしていたけれど、立ち上がってくれて、気持ちが伝わってきました。アオも今までで一番、調子がよさそうでした。そして岩下。今季、岩下にはがんばってほしい!と思っていましたが、和道の代わりに出るとは思ってもみませんでした。出るとしたらアオの代わりかと。とにかく出場して完封できたのは大きいです。突然のスタメンでも、準備が出来ていたから、あのパフォーマンスができたんですよね。去年よりずっと落ち着いている感じがしました。これからも腐らずがんばれ!!

ナビスコだし、とか、ヴェルディは戦力を落としていた、などなどあるでしょう。でもそういう相手・シチュエーションで苦戦するのがいつものエスパルスです。だから、5点取って失点もしなかった、というのは大きいです。そして何より、あのゲームはどんな風でも勝つことが大事でした。やはり動員は少なかったけれど、スーツで駆けつけた人をたくさん見ました。きっと、みんなあの一戦に懸けていたのですよね。応援もとても生々しかった。いつもは型に嵌った感じですが、昨日はみんな気持ちが篭っていました。

ここからどれだけ巻き返しができるか、みんなで楽しみましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月16日 (水)

MVPは原一樹

今日はぐっすり眠ることができます。

ありがとう。すべてに感謝。

おやすみなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

苦しいときほど声援を

「パンがなければ、お菓子を食べればいいじゃないの」(by マリー・アントワネット)

というわけで、ナビスコカップです。開幕前の健太プランは、まずナビスコを獲り、来年こそリーグ優勝目指して大ばく進!だったと思います。しかしながら、リーグだナビスコだと言っていられないほどに、チーム状況は逼迫しております。休ませるべき選手は休む、それ以外はもう必死で建て直しに足掻け!!監督も選手もサポも、頭も身体もフル活用するしかないです。ぶつかってダメだったら、また直せばいい。それぐらいの精神的余裕をもって行きましょう。本日も日本平参戦です。今朝の日経新聞・吉田誠一さんのコラムは、うちに向けての言葉なのかな、と思いました。耳が痛いというか胸が痛いというか・・・。やはりサポはドMじゃないと続けられないんですね。名古屋戦は大行列に怯んで牛タンを諦め、またもかき揚げ丼を堪能しちゃいました。でも今日こそは「しおや」に食キング!

さて、そろそろ出発します!!!

続きを読む "苦しいときほど声援を"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

素人覚書

3日経って冷静に考えたら、球団としては、あのまま静かにスタジアムを去って二度と行かない人より、ワーワー騒いで「俺たちはエスパルスを愛してるんだ」とか悦に入って全試合来てくれた方がいいかもしれないですね。と、無理やりポジティブに考えてみる。それにしても、昨年の浦和戦に引き続き、クラブの危機管理の甘さは企業としてどうなのかと思います。

さて名古屋戦。心の準備体操第五までしていったので、それほどショックは受けませんでした。それよりもWボランチにびっくり。10回は見直しましたよ。良かったなぁという気持ちと、いやいやこの試合だけかもよ?という不安と、まだ半々です。健太さんとしてはまず失点したくないという考えからテルさんとタクのWボランチでスタート。ところが早々に失点。点を取らねばならず、タクを下げて原サイド投入でエダがボランチへ。アウレリオほぼ機能してない、フェルが守備しないってことで、アウレリオを下げて岡ちゃん投入。この辺はヤジ1トップで原・岡ちゃん・フェルがほぼフラットな状態。岡ちゃんがフェルの守備負担とヤジのボールロストのフォローを一手に引き受けて、前でボールを奪う回数が増え、シュートも打てるように。もちろん岡ちゃんもミスしていたけど、切り替えが早かったです。フェルのコネコネも迫力が出ましたしね。6節+ナビスコで一番良かったフェルでした。ただ、囲まれて追い詰められて苦し紛れのパスは相変わらず。イチも詰まった状態でパスをもらっても上手いクロスは上げられず・・・。サイドチェンジできる人がいればなぁ。アオや和道でさえ、怖々なのですもの。とにかくボールをつなぐことが出来ない、中盤が壊滅状態です。あれだけカウンターを食らって、パスをポンポンまわされて、2失点で済んだのはラッキーの一言。野次は絶対言わない、試合中は応援!がポリシーの私でも2失点目は「どうして誰も行かないのーーーー?!」と絶叫していたら本当に取られたのでしばらく呆然でした。たしかにきつい時間帯ですけど、だったら何のために開幕前走ったんだ?という悲しさがこみ上げてきました。せっかく努力しているんだから、ちゃんと活かせよ!と。

一番印象に残ったのは、岡ちゃん。とにかく出来ることを思い切ってやろう、失敗してもまた取り返せばいいじゃないか!っていう気迫が伝わってきました。あとは原。ロングスローが新鮮。スピードも魅力的。ゴールに絡みたい、前へという気持ちが見えました。海人は去年の名古屋戦よりもオリンピック予選よりもずっと落ち着いていましたよね。ハイボールも安定。コーナーが続いたけれど守った。あとは経験だからがんばれ!最後にフェル。なんかこの人は良くも悪くも変わらない。常に自分のプレーをするだけ、という感じ。ブレが無いです。これが上位チームにいた選手の強さなのでしょうか。プレーはともかくこの胆力は他の選手も見習ってほしいです。点取られたら落ち込んでる時間すらもったいないと思わなくちゃ。ここまできたら、できること、得意なことを思い切ってやってくしかないです。怖々やっても負けるなら、オールオアナッシング、やるだけです。監督は選手の得意なことをかき集めて得点パターンを組み立てる。それで取れなきゃ仕方ない。チーム力が無かったということ。大丈夫、きっとできます!とにかくロングボールはダメです。あれでやりたいんだったら、スタメンは西澤が適任。でも健太監督の中で、西澤はシーズン通してできるほどの体力は無い、という印象なのでしょう。なので、「縦ポンで簡単に点取れればなぁ→西澤は疲れてるからダメだ→じゃ、とりあえずヤジ入れとけ。デカイから何とかするだろ。ダメだったら西澤入れよ→西澤ベンチ」という発想かなと。ヤジ・アウレリオは縦ポンに全く合わない選手です。もうそれはさんざん見せ付けられたので、ほんと、勘弁してください。縦ポン以外の得点パターン構築は急務です。やはり中盤で繋いでいくか速攻。ヤジも原も足が速いんだから、これを活かさない手は無いと思いますけどね。またダイヤという名の3ボランチに戻したら、もうゲームセット。ボックスの前提でお願いします。FWは守備をしっかりしてくれる人で決まり。岡ちゃん・原・ヤジだったら、その点は大丈夫なはず。問題は中盤です。2006年度版ボックスも、2トップがどんなに豪華(当社比)でも両翼がもがれたら弱かったですよね。守備は今よりマシでしたが。今回も兵働・藤本がいないのは厳しいです。選手層の厚さってなに?岡ちゃんを入れると守備がだいぶ楽になるはずだから、どこかに入れたほうが良いと思うのですけどね・・・。うーむ。

敗戦のショックは無いつもりでしたが、次の日は財布を忘れて出勤するし、旅行にはコンタクトを忘れるし、しっかり者を自負する私としては、落ち込みまくりでありました。

さて、明日も心の準備体操第六をしていきましょうかね!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はるかな国からやってきた

Koi

温泉へ行ってきました。誕生日の友人は、ホテルの池で飼っている鯉&白鳥&黒鳥に大興奮。エサ(おふ)を必死で投げまくり(私も分もだ!)、「肩が痛い・・・・。ガラスの肩がっ!」と申しておりました。勝手に名前までつけて・・・・。チェックアウト後は、別の友人宅へ押しかけ、赤ん坊を堪能してまいりました。赤ちゃんはどんな子でもかわいいですが、ハーフはめっちゃかわええ・・・・っ!!!目が深いブルーでね、お肌がきめ細かくて、笑うとキャハー!って。・・・・・・・・・・・・うっとり。10年以上付き合いのある友人が、異国の地で結婚して子供まで産んで。毎年何も変わらないと思っているけれど、少しずつ少しずつ、変化は訪れているのだなぁ。だってあの赤ちゃんは、一昨年には影も形もなかったのですからね!不思議です。いろいろ考えていたら、彼女のおうちに行く道すがら、涙が出ちゃいました。もちろん感動で。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

リフレッシュ

まぁ、とにかく悲惨な日曜日です。みなさま、いかがおすごしでしょうか?明日から私は一泊二日で石和温泉へゴー!友人のお誕生日なのであります。二日目は朝早めに石和を発ち、東京は目黒へ。フランスから帰国している友人&その赤ん坊に会いに行きます。そして水曜日には東京V戦。そして金曜日は新入社員の歓迎会です。嗚呼、不貞寝はいつすればいいの・・・・・・・・・・。というか、俺はいつ仕事をしているんだ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月12日 (土)

勘違いも甚だしい

バス囲みなんて、馬鹿です。まるで自分たちだけが、がんばっているかのような錯覚をしているのでは?選手だって監督だって、がんばっているんです。私は、クラブはサポーターのものだと思っています。ただそれは、選手も監督も変わっていくなかで、サポーターはずっと清水エスパルスを応援しているからです。決して、選手や監督を意のままに動かしてよい、困らせてよい、という意味ではありません。選手はクラブの財産ですよ。どうして八つ当たりのような子供じみたことをするのですか?それで満足ですか?そもそもそんなパワーがあるなら、試合中にもっと声が枯れるほど応援すればいい。

試合後、ジェジンコールが起こってびっくりしました。すぐに立ち上がる元気がなかったので、お隣のオジサマと「これは時間が掛かりそうだねぇ・・・。」なんて話を少ししました。ゴミを集めて、パルちゃんと「ヴェルディ戦、がんばろうね!」って固い握手を交わして、トイレに行って、急いで清水駅行き最終バスへ。スタジアムを去るとき、後ろから圭輔コールが聞こえました。しかも4時間も囲んでいたらしいですね。最終バスに間に合わないんで、ダッシュで囲みをしようとしている人たちの間を通りましたが、はっきり言って、緊張感や悲壮感などなかったし、談笑している人々ばかりでしたよ。だから、せいぜいちょっとブーイングして帰るものだと思っていたのですが・・・・。圭輔・ジェジン・マルキのコールなんて、今いる選手に対する侮辱でしょう。それで「選手は先に帰してくれ」?やっていることと、言っていることが、矛盾しています。選手を大切に思うなら、そんなコール出てこない。少なくとも、選手の前では言えないはず。気持ちを伝えなくちゃ?そんなの、試合後のほぼ全ゾーンからのブーイングで充分でしょう。そもそも、補強に関してはフロントと話すことだし、采配に関しては監督と話すこと。試合後の選手バスを囲んでどうするんですか。まだスタジアムに居座っているほうがいいと思うんですが。

今日はあの頑固な健太監督が中盤をいじってきて、原や岡ちゃんからは気持ちも見えた。チャンスも作った。メンバーはもう一度フラットにして考えると前節で言っていたし、これで藤本が復帰してきたら、どうするのかな?と、水曜日が少し楽しみになったところだったのに・・・・。結局これで、明日の練習はオフ。とにかく選手も監督もサポーターも、ナビスコに向けて切り替えが必要です。

それから、グランパスくん、ありがとう。おかげで14000人、超えました。ヴェルディ戦は、当初の予定よりさらに動員が厳しそうですが、がんばりましょう。こういうときこそ、気持ちを込めて応援しましょう。量が少ないなら、質ですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くもりでオッケー

さーてと、こちらは土砂降りが止まりました。そのうち雨も止むでしょう。清水はどうでしょうか。ポンチョ、一応持っていくか。とにかく、2時まで雨が降らなければそれでいいです。防寒対策は必須かな。

あと少ししたら出発します!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月11日 (金)

晴れたらいいね

そうですか、自分たちの形を貫いちゃいますか・・・。ストロングポイントなんてありましたっけ・・・・?

行く前からがっかりさせるなよぉぉぉぉ!!!うわぁぁぁぁぁん!!!。・゜・(/Д`)・゜・。パルちゃんショーだけ見て帰るか・・・・・・。とりあえず、試合はもう観察!どうせ力いっぱい応援しちゃうけども!!継続路線が上手く軌道にのって、快勝ならば良し。一番恐ろしいのが、千葉戦のようなラッキーパンチで勝ってしまい、監督が変えるタイミングを逃してしまうこと。負けるにしろ勝つにしろ、派手にヨロシク。

でも、これだけ勝てないとチームの雰囲気も悪いでしょうね。岡ちゃんの坊主がそれを示している気がします。私のような普通の仕事をしている人間でも、上手くいかないときはかなり悩みます。「何が悪いんだろう?あれもやったし、これもやってみた、でも好転しない・・・。なんで、みんなそんな平気な顔しているの?もっと一生懸命やってよ」・・・・などなど。そしてそんな自分に落ち込んだり。エスパルス攻撃陣は、岡ちゃんを除けばマイペースな集団なので、あまり心配は要らないでしょう。でも後ろはいろいろ考えちゃいそうですね。あまり抱え込まずに、早めに切れてもいいと思いますよ。後ろの人間が前のことを言ってはいけないとか、前の人間が後ろに言ってはいけないとか、もう止めましょう。みんなで守ってみんなで点を取ろうよ。それにしても、昨季の岡ちゃんファースト・ボウズは6月10日。今季は4月11日か、もう雰囲気悪いのか、早いな・・・。名古屋戦、もしも負けたら坊主にしそうだから、そのときは先手を打ってオフィシャルから「坊主にしなくていいです」って出そうと思っていましたが、先を行かれたわ。今年は誰の坊主も見ないで済むと思ったのに、残念です。

ゲンキのフィギュアは似てないのでスルーすべきなのか、それとも似てない記念に購入すべきなのか、迷います。名前もあんな将棋の駒のようなフォントを使わなくても・・・・(´-ω-;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月10日 (木)

チャンス

グランパスくんに興奮して、すっかり忘れていました。グランパスくんだけじゃなくて、ピクシー監督もいらっしゃるのですよね。うーん、楽しみだ!

じゃなくて、藤本だけじゃなく、西部の記事も出てましたね。折り良く現実逃避できるネタが転がっていたので、つい・・・(´ω・`)出れないのなら、仕方ない。2人とも試合でも観戦して、なにがいけないのか、どうすればよいのか、よく見てよく考えて、監督とお話してください。これだけ離脱が続くのも、不可抗力でメンバーを変えざるを得ないのも、今、チームが立ち止まって考えるタイミングが来ているのでしょう。きっとこのチャンスを活かそうね。がんばろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようこそ、オダイラへ!

【スタジアムイベント】

パルちゃん・こパルちゃんショー withグランパスくん13:00頃)
ホームゲーム恒例の『パルちゃん・こパルちゃんショー』に、名古屋グランパスオフィシャルマスコットのグランパスくんが登場します。

バンザーイ!バンザーイ!!これでチケットも売れるに違いない!営業さん、がんばってる(涙)選手・監督も応えろよー!!ああ、これでスタジアムに行く楽しみが、少なくとも1つ確保されました。夢の競演だなぁ。うっとり・・・。瑞穂にはパルちゃんが行くのかなぁ。ハッ!妹にきみまろズームのカメラ借りていかなくちゃ!

ところで、大前くんのフィギュアは全然似てないぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その果てに

大仏様、あと9点取るのに何試合必要ですか・・・・?

Daibutusama

お、あ、うぅぅぅぅ・・・・・・・・淳吾・・・・・・・・・・_||○ _||(:;.:..._|!:. ::;......._i:.....ほ、ほんとに出れないのかい・・・・?

そりゃ、非公開にもなりますね。去年、さんざんバッシングを受けた藤本ですが、今季はみんなに期待されているんだなぁ、と改めて思います。よって、来季のヤジには期待大だ!まぁ、それは置いておいて。藤本にはきっちり治してもらって、その間誰が出るのか?今までのパターンだとエダでしょうか。この際、いろいろ変えちゃえ!と思います。新人も出しちゃえ!アウレリオも出しちゃえ!岡ちゃんも出しちゃえ!ついでにGKはタケちゃんだ!!攻めるべし攻めるべし!それで負けても仕方なし!諦めもつきます。とりあえず、何かしら驚きがほしいです。

そういえば、2006年も兵働と藤本が離脱した時がありましたねぇ・・・。懐かしい。あの時、ずっとドロードローで夏場の勢いが消滅。W杯組が調子を落としていて、ガンバが崩れてくれたので、あのときもトップ3に入るチャンスがありました。注目もされていました。でも選手層もまだ薄くて、新しい選手が出て勢いをつけるということができませんでした。組織で崩していたがゆえに、組織が崩れたときの脆さを感じました。みんな、いざというとき個で打開できる選手がいたら!もっと選手層が厚かったら!と思ったはずです、あの時は。あれが健太監督をダイヤ(という名の3ボランチ)に走らせたんでしょうか。もしも今回の藤本離脱でボックスに戻ったりした日には、なんかこう・・・めぐり合わせの妙を感じます。でもこうやって考えると、ボックスに戻すなんて無さそう。エダやらイチやら兵働やら藤本やら、みんなで点を取ってたころは楽しかったなぁ。秋にグダグダになったけど、その後、藤本復活で盛り返しましたもんね。天皇杯での兵働復活も楽しかった。去年は失速してそのままフェイドアウト・・・。健太監督がいなかったら今のチームも無かったわけだから、健太監督によって崩壊するのも仕方ないのでしょうか。ただ、調子の良い選手をどんどん使って攻めて攻めて攻めまくった果てに選手の流出や諸々の悪いことが待っていたとしても、ついていきましょう。ただ、今のままでは納得できません。

今、まさに実感しております。優勝できたら、そりゃうれしい。この上なくうれしい。たぶん、今想像している100万倍はうれしいはず。でも、つまらないサッカーは見る価値がない。ヤジのスピードもフェルのドリブルも和道のヘディングも輝さんのワープも岡ちゃんのド根性も藤本のフリーキックもみんなみんな大好きだ。でも、90分の中で単品ぶつ切りで見たってそれ程楽しくない。それらが組織として機能しているから楽しいし、魅了される。優勝するためにつまらないサッカーをするぐらいなら、優勝しなくても楽しいサッカーが見たい。資金力から考えて、うちは浦和やガンバのように毎年優勝を狙えるチームじゃない。だから、せめて楽しいサッカーだけは見失っちゃいけない。大型スポンサーが付かない以上、何が一番効果的か?サポーターを増やすこと。満員にすること。そのためには、他のエンターテイメントより面白くなくちゃいけない。今のエスパルスがワンピースの映画に勝てるだろうか?清水の子供たちが、週末にルフィーより藤本を選ぶようになってくれなくちゃサポは増えない。勝つことと楽しいことを両立するのは難しいけれど、なんとかやっていくしかない。だって、プロサッカーチームは、「ゲーム」という形の無いものを売る商売だから。商品に魅力が無ければ、どんどん売れなくなるのは当然。なにはともあれ、名古屋戦まで非公開。しおやの牛タンを楽しみに待つことにいたしましょう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 8日 (火)

ワイルド

Aiken

「そなたが池に落としたものは、この1ボランチか、それとも2ボランチか、はたまた3ボランチか・・・・」

のっけから、我が愛すべきバカ犬ですみません。さて、明日から非公開練習3連発ですね!かつて非公開にこんなにトキめいたことがあるだろうか?いーや、ない!!「こいつを練習していたのか!」という驚きと喜びに満ちた土曜日になることを祈っております。

山本海人さんから「集中力がどのくらい持つのか?」というご質問をいただいておりますが、えー、わたくし、自慢じゃございませんが短期集中型であります。エスパルスについては、こんなにスラスラと(長々と?)文章が出てくるのですが、会社に提出する書類となりますと、これがまた難儀なことに全然進まないのでございます。人間とは摩訶不思議な生き物でございますなぁ。折りしも、明日締め切りのものがあるのですが、まだ1行しか書いておりません。明日になったら、神が降りてくる予定でございます。お薦めに従って、書く前にチョコレートでも食べてみましょうかねぇ・・・。

グレープフルーツは大好きな果物ですが、我が家では藤本家のように上品には食べません。爪に皮が食い込むのもかまわず、手でグワシグワシと力強くむいたあげく、これまた手で薄皮をむき、果実にしゃぶりつく、という野蛮丸出しの食し方です。うちではこれがスタンダードだったので、友人の家でグレープフルーツが出てきたときはびっくりしました。包丁で半分に切ってあって、お皿にはスプーンが添えてあります。しかもグレープフルーツの上にはうっすらとお砂糖が!もうそれだけで高級デザートの風貌です。こんな素敵な食べ方もあるのね・・・。でも感動したわりに、未だに食べ方は野蛮です。ああ、恐ろしきかな、習慣。単に食器を洗うのが面倒なだけかも(笑)ちなみにこれ↓はオレンジです。

Mikan

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 7日 (月)

伝えてみよう、そうしよう

現実が見えてきたことで、少し冷静になりました。

結局、去年と同じ問題を抱えているわけです。フェルのコネ過ぎ&シュミレーション、1ボランチの左右を埋めるための3ボランチ。それでも07年はジェジンがいたため、前線にボールが収まったし、得点も取れていました。仮に宇宙開発ゴールだったとしても、シュートで終わることで守備の負担も減っていたはずです。ボールを失っても、よく追ってくれていましたしね。

そして今年。ジェジンがいなくなって、ゴールどころかシュート数が減っていることは、5試合(ナビスコを入れたら7試合)で明白です。唯一の例外、FC東京戦は、西澤先発でこれが大当たりだったわけですが、結局これも西澤がジェジンの役割をたまたま上手く果たしてくれたというだけです。F東に今野選手がいなかったのもラッキーでした。ジェジンがいたら、ヤジも今季もっと活躍できていたのかなぁ、と思わなくも無いですが、そんなことを言っても始まりませんしね。なかなか得点ができないなら、失点しないことが重要です。これは去年もそうでしたが、逆転勝ちはきわめて少なかったような気がします。先制されると、ほとんど勝てない。とにかく守備の強化が一番大切です。そしてFWで点が取れないならば、中盤の選手が得点しやすい形にすること。となると、やはりダイヤは難しい。そしてフェルを外すこと。フェルのコネコネからボールロスト→フェルが審判へアピールしている間にカウンターくらう→左右に振られて耐え切れず失点、という場面が目に付きます。どうしてもこの形、このメンバーでやりたいのであれば、監督が良くフェルと話し合うこと。フェルのドリブルが相手の脅威になっていることは確かです。たいてい、相手DF2人で来ますからね。そこでフリーの藤本や児玉にパスしてくれるだけで、ずいぶん違ってくると思うのです。漫画の話で恐縮ですが、『スラムダンク』で仙道さんの言っていた「パスを知らない流川は全然怖くない」っていうのは、こういうことかと納得です。

それから、アウレリオ。監督はどうするつもりなんでしょう。これまた昨季との比較ですが、フェルはポジションをいろいろ変えながらも、我慢して使い続けることで、周りがフィットしていきました。けれど、アウレリオを使う気配が全く無い。PKを外したからでしょうか?これでは、コンディションも上がらないし、フィットも難しくなってしまう。中断明けのためにも、今から使っておくべきでしょう。フェルが本当にファウルされても審判は笛を吹きませんが、アウレリオだったらちゃんとファウル取ってくれますし。そして、FKCKではアオ・和道はきっちりと点を取ること。CBが二人上がっているということは、かなりリスクを負っているわけだから、その分とってくれないと困ります。

アオといえば、オーバートレーニング症候群になるんじゃないか、とみんな心配していますね。私も同様です。よく監督が「やってくれなきゃ困る」と言っていますが、充分やってくれていますよ。そして、サブメンバーだってやってくれなきゃ困るわけです。今年は五輪もありますし、A代表に行ってくれなくちゃ困る選手だっているのです。正直、岡田ジャパンは泥舟のような気もしますが、うちの選手はまだ次のW杯も狙えるから、泥舟にだって乗って損は無いと思います。そのためにも、きちんと休むところは休ませて、才能をつぶさないようにしてほしいです。心技体と言いますが、ゴルフの世界では体技心だそうです。「体力が無ければ、技術も精神力も出しようがない」。調子の悪い選手は休ませて、調子の良い選手を使う。じゃないと、悪いまま悪いプレーをして、精神的にも落ちて、という悪循環になりかねませんよ。

この一週間、自分の迷走ぶりに目を覆いたくなるというか、穴があったら入りたい気分です。他ブログさま、さんざん愚痴を書いてすみません。みなさまがけっこう冷静だったので、やはりまだニワカの自分には忍耐力(M度?)が足りないなぁと反省いたしました。とにかく名古屋戦まで待ってみます。ここのうりぞーさんのコメント、今さらながら胸を打たれます。そうですよねぇ・・・。自分としても、健太監督が勇気を出して変わってくれることがベストなわけで、もしも名古屋戦でも変わっていなかったら、自分の気持ちをきちんとオフィシャルから出します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 6日 (日)

杞憂

まだ見ていないです。すみません。つらくても見なくちゃいけないと思うのですが、今日は逃げさせてください。現地に行った方々、お疲れさまでした。

まだ録画は見ていないですが、これをみたら、だいたい想像がついてしまって、悲しくてたまらないです。健太監督にはとても感謝していますが、もう限界です。選手がかわいそうです。本当は辞めてほしくないです。一番良いのは、監督がもっと柔軟に選手を起用してくれること、そして選手にあった戦術を取ってくれること。だって、藤本が清水の10番なんですよ?どうしてフェルナンジーニョ中心のチームを作らなくちゃならないんですか?理解に苦しみます。決してフェルが悪いといっているわけではありません。「外国人は去っていくものだから、日本人のストライカーを育てなくては、長期的な強化は望めない」と言っていますよね。言っていることはよく分かります。岡ちゃんの成長も、矢島の成長も、私たちの喜びです。でもそれは中盤の選手には当てはまらないのですか?せっかく良い選手が入ってきても、活かしきれないのであれば、みんな出て行ってしまいます。好調だったボックスに1年で見切りをつけたのに、どうして全然上手く行かないダイヤにはこだわり続けるのですか?矛盾だらけです。

でも、最近思うのです。今まで、「どうして監督はこう『しない』んだろう?」と思っていたことは、全て「できない」ことなのではないかと。あえてしないのではなく、できない。私たちが健太監督に求めているものは、エスパルスにこのままいても、できるようにならないのでは・・・?監督としての資質はこの3年で充分証明できたはずです。ただ、今は成長が止まっている。選手も監督も、右肩上がりの時期はすぎて、熟成のときが来ているのです。監督が清水を出て、もう一度解説なりコーチなりで、もう一歩上へ行くための学習をしなくちゃならない時が来ているのではないでしょうか。もちろん、健太監督が清水以外で監督をするなんて、想像するとつらいです。まして他のチームで優勝なんてした日には「なんでだよ!」ってたぶん思います。でも、「私たちのエスパルス」が監督としての健太さんを育てたなら、それはそれで良いとも思えるのです。今季の先行きは不透明です。今季の成績如何で、来季の展望も変わってくるでしょう。でも、たとえ優勝したとしても、あと2年が限界だと思います。

ああ、どうか全てが杞憂で終わりますように。まだ見ていないガンバ戦に、なにか希望を見出せますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 5日 (土)

エレベーターに乗りたい

4月4日!今日は和道の日だ!!

マントルから地上へ向かって蝶々が飛び立つくらいの弱々しさですが、引き続き浮上中です。しかしながら、前々から引いていた風邪が、ここへきて本領発揮。鼻水&寒気止まらず、浦和戦にダウンを持っていかなかったことを激しく後悔しております。ホッカイロは2つもくっつけてたんですけど・・・。月曜日にはお休みなので、がんばります。月曜といえば、サテとU-19の試合なんですよね。今のところ非公開ではないんだなぁ。見に行きたいですけど、今行ったら、健康管理もできないアホな社会人になってしまいます。前回のU-20W杯は、真希が最後に外れてとても残念な大会でした。ゲンキにはぜひ本大会まで行ってほしいです。そのためにはエスパルスでせめてベンチに入れないと厳しいです。ゲンキがんばれ!!!

さて、明日はガンバ戦。光陰矢のごとし。こんなときでも、すぐ次の試合がやってきます。原が入ったらしいので、メンバーは少しいじったのかな?うろ覚えのオシム語録に「調子の悪いときはベテランを使いたくなるものだが、そういうときこそ、若手を使うべきだ」という言葉があった気がします。オシムさんじゃなくて、野球の星野監督だったかなぁ。原のメンバー入り、効果があるといいです。少なくとも、モチベーションは高いに違いない。私も負けずにモチベーション上げていきますよ!!

少しずつ浮上しながら、いろんなことを考えました。今季はおそらく、トップ3と降格争い以外、つまり4~10位くらいまでだったら、サポーターの評価はどれもあまり変わらないと思います。もちろん4位と10位ではお金が全然違うので、そういった面では別です。ただ、純粋に順位としてみたとき、4位だったら「あー、またか」と思うだろうし、10位でも「あのスタートだったらこんなもんかも」と。私だけかもしれませんが。だったら、選手も監督も開き直って、思い切ってやってほしいものです。とにかく、つまらないサッカーでも勝てればいいのですが、つまらなくて勝てないサッカーって、さみしすぎです。早く選手の楽しそうな顔が見たいです。

誰だって、仕事で上手くいかないときはある。どんなに努力しても空回りすることだってある。それが長く続くこともある。でも絶対に好転します。腐らず、やるべきことをきちんとやっていれば!太田がそう言っていました。何を信じればいいんだっていう人がいるかもしれないけれど、私は選手を信じます。選手が一生懸命努力していることを信じています。

さて、明日も仕事です!万博に行かれる方々、よろしくお願いします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 4日 (金)

あいす

底の底まで落ち込みました。今ちょっと浮上気味です、こんばんは。

ブログタイトルの下、小さな文字での説明を変更しました。最後「愛す」の部分は「かえせ」にしようと思っていたのですが、やめました。監督も選手も、理由はどうあれ、いつかはクラブを去っていく人たちです。クラブはサポーターのもの。自分たちで守らなくてどうする!「かえせ」と言うときは、言いたい相手が目の前にいるときだけです。というわけで、すごく迷いましたが「あいす」になってます。がんばります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年4月 3日 (木)

冷静に考えて

この順位にいる以上、優勝どころじゃありません。信じるとか信じないではなく、とにかく今は足下をきちんと見ないことには。いいサッカーしてるのにねって言われて惜しまれつつ降格したチームはいくらでもあります。ただ、「きみたち、これでどうやって点取る気?」という状態は脱したように思いました。フェルの決定機2本が入っていれば、また違った展開だったでしょう。藤本、和道は本当に頼もしい選手になりました。新もイチも安心してみていられます。でもFWにもう一人ほしいです、頼れる存在が。ヤジはなんだかすごくよくなってると思います。「サポの期待応えなくては」、というコメントを今季は何度も言っていますね。「本当に思っているのかなぁ?」と疑問でしたが、やはりなにか感じているのかも。アオは休んだほうがいいです。代表の試合は良かったけど、少なくともエスパルスでは一度も良いパフォーマンスをしていないです。本人もつらいはず。エスパルスでCBは最後の壁というだけでなく、試合を左右する生命線です。今は危うすぎます。

応援は負けてなかったと思います。今日はバックスタンドも私の回りは声を出してました。隔離されていましたし、終了即帰宅だったので、実際はどうだかわかりませんが、浦和の人々も紳士的だったと思います。むしろ、浦和の応援によってうちのサポーターが声を出すようになったし、スタジアムに一体感が生まれたようにすら感じました。パルちゃんショーは励まし系、いつもはホーム側のみのパフォーマンスですが、あえてアウェイ側でも行っていました。あれはパルちゃんなりの「良いスタジアムにしよう」というメッセージですよね。克馬さんもいつもより気合が入っていました。ただ、ごく一部の浦和サポで紙を投げ入れたヤツは絶対許せない。とても残念です。

個人的に収穫はありました。でもやっぱり悔しいのです。紙を投げ入れられて、ホームで負けて、王者の旗を歌うどころかバス待ちの間ずっとスタジアムから浦和のサポーターの声が鳴り響いて・・・。明日には元気になりますので、今日は不貞寝させてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »