« おかえりーーー!!! | トップページ | この道 故郷へ続いても »

2008年2月20日 (水)

罰ゲームと言われない努力

東アジア選手権、懲りずに本日もテレビ観戦。ただし前半のみ。もう見ていられませんでした。他チームの選手だって、怪我はしてほしくない。もういいから、帰っておいで。そんな大会に出るより、J-STEPで練習してたほうがマシ。食べ物のことといい、選手を大事にしない協会なんて、みんなやめちまえ。「日本のサッカー」「日本の歴史」「日中の友好」、それは確かに大切なもの。でもそれを作っていくのは、一人ひとりの選手。生活がある、夢がある。その選手たちが、夢・よろこび・かなしみ・絶望・・・・・いろいろなものをサポーターに与えてくれる。クラブのサポーターであるということは、所属する選手一人ひとりを応援するということ。代表を応援するということは、招集された選手一人ひとりに声援を送るということ。

協会が自国の選手をしっかりサポートしなければ、代表の価値すら下がりかねない。協会がなければ、日本のサッカーは成り立たないかもしれない。でも、選手がいなかったら、確実に日本のサッカーは存在しない。両方無くてはならないもので、対等なものだと思う。

|

« おかえりーーー!!! | トップページ | この道 故郷へ続いても »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/10647085

この記事へのトラックバック一覧です: 罰ゲームと言われない努力:

« おかえりーーー!!! | トップページ | この道 故郷へ続いても »