« 今日のジャンクフーズ | トップページ | なんなんすか? »

2007年10月24日 (水)

『インシテミル』 米澤穂信

ひさびさに読みました、米澤さん。

文章は格段に良くなっています。前から読みやすかったですけど、ときどき入る「知識自慢」がどうも鼻について・・・。でもそれが無くなっていました。

内容はクローズドサークル。なかなか怖かったです。でも『そして誰もいなくなった』や『十角館の殺人』ほどのインパクトはないです。それはわざとなんでしょうし、それが米澤さんの味なんでしょうね。怖がりの私には、最後の力の抜け加減がとても良かったです。石持浅海さんほどの気持ち悪さもなく、主人公がノンキだからですかね?オチもいつもの如し。

『犬はどこだ』の続編はないのかな~?

|

« 今日のジャンクフーズ | トップページ | なんなんすか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/8598884

この記事へのトラックバック一覧です: 『インシテミル』 米澤穂信:

« 今日のジャンクフーズ | トップページ | なんなんすか? »