« カタール戦@国立 | トップページ | 甲府戦 »

2007年9月13日 (木)

きのうの試合

梶山選手が骨折で全治3~4ヶ月だそうです。選手が怪我をするのは、本当にかなしい。最近調子が良かっただけに、本人もサポーターも悔しいことでしょう。梶山選手だけでなく、中村北斗選手、西川選手も、少しでもはやく治ることを祈っています。

次のアウェイ・カタール戦は、本拓くんが出場停止、梶山選手は怪我なので、いままでずっと出場していたボランチが2人とも出ることができません。まさに総力戦。

協会の人々は、今回の試合に対して冷ややかな反応のようです。でも、いち視聴者として私は満足な試合でした。けっきょく、感動するかしないかは、内容に比例するわけではないのですね。選手や監督の気持ちが伝わってきたとき、本当に感動するのだと思います。きのうのような試合をしてくれるのであれば、結果的に五輪の出場権など取れなくてもいいや、と思いました。私たちサポーターは、五輪に出るから選手を応援するわけでなく、選手たちが「五輪に出たい」という強い気持ちを持って戦うから応援するのです。

ソリーも表情が出てきました。ものすごく疲れた顔をしていたのが、おもしろかったです(笑)いままでは、会見で選手批判を繰り返したり、平山選手にこだわり続けたり、納得いかないことが多かっただけに、なんだか安心しました。サポーターも山本昌邦さんがおっしゃるように「指導者を育てる」という視点を持ったほうが良いかもしれません。もちろん、協会はサポーターではないから、そうは言ってられないのでしょうが。

|

« カタール戦@国立 | トップページ | 甲府戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/395888/7929230

この記事へのトラックバック一覧です: きのうの試合:

« カタール戦@国立 | トップページ | 甲府戦 »